走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

【全ての成功の秘訣は"没頭する力"】『すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~』感想

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

何かにのめりこめる人生は最高だ。

 

集中して、寝食すらも忘れて没頭できることこそが、その人の才能であり、天職にすらもなりえるのだと思います。

 

人生において、何かに没頭できる才能を見つけることがどれだけ大切なことなのか。

それは学校の教育では一切教わることができませんでした。

 

将来役に立つのかもわからない知識を詰め込んで、無意味な競争を強いる。

異質なものを排除するように、いじめの風潮はどの時代も変わりません。

もはや教育の場は、子どもたちにとってメリットがないに等しいのかもしれません。

 

 

料理・漫画・医療・ロケットと様々な分野にメスを入れてきたホリエモンこと堀江貴文氏。今回は「教育」に注目した本『すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~』を読みました。

 

 

 

内容紹介

学校とは本来、国家に従順な国民の養成機関だった。しかし、インターネットの発達で国境を無視した自由な交流が可能になった現代、国家は名実ともに“虚構の共同体”に成り下がった。もはや義務教育で学ぶ「常識」は害悪でしかなく、学校の敷いたレールに乗り続けては「やりたいこと」も「幸せ」も見つからない。では、これからの教育の理想形とはいかなるものか? 本音で闘うホリエモンの“俺流”教育論!

 

とにかく行動せよ!

大切なのは自らアクセルを踏み、ハンドルを切ることだ。そして、なにより「それをさせる気持ち」だ。早く先へ進みたい、じっとしていられないというワクワク感こそが、あなたにアクセルを踏み込ませるのである。

しかし今、多くの人たちがこの初期衝動を見失っている。

既存のレールに乗ることの無意味さには、とっくに気づいている。でも、自分でハンドルを握るには至っていない。自分は何がやりたいのか、何になら夢中になれるのかがわからない。そんな「自分探し」状態にある人たちを、僕は大勢見てきた。

 

いまの若い人たちは、驚くほどに中身がスカスカな人が多い。

それは没頭する力が欠落しているからではないでしょうか。

 

何かを頑張ろうとすると必ず脳裏に浮かぶ「どうせやっても無駄だ」というキーワードがなぜ出てくるのか。すべての根源は幼いころから施されてきた「教育」にあったのではないかというのが今作のテーマです。

 

学校教育において、生徒全員が同じ教室に詰められて、同じ価値観を共有させられる。

黒板に向かって全員が同じ内容を聞き、ノートを取り、テストでは競わせるかのように点数を比べられる。その点数が生徒の基準になり、その人の価値として定められてしまう。

こういった習慣は社会人になってもさほど変わりません。

会社ではノルマがあり、同僚と競争の対象と見られ、日々点数を稼ぐことに四苦八苦する毎日...。

 

一割の人たちは特異な上昇意欲のおかげで成果を伸ばしていくでしょう。

では残りの九割の人たちはどうなるか?

「頑張っていこう」と奮起する人もいるかもしれません。しかしどこか心の片隅で「頑張ったって無駄だ...」などと愚痴をこぼしてしまうのです。

 

なぜ社会人にもなって、そういったネガティブなワードが頭に浮かんでしまうのかといあうのは、この本のテーマにあるように「教育」にある。そういった教育を受けたからこそ、子どもたちには意味ある教育を与えて欲しいという気持ちが堀江氏から伝わってきます。

 

 

ではそういった教えを受けた人たちが、身についてしまったネガティブな情報を払拭することができないかというと、そうではありません。

 

社会人になったからこそ、何かに没頭する力を身につけるべきなのだと、堀江氏は言います。没頭する力こそが成功に導き、幸せな人生を歩む道しるべになるのだと。

 

成功の秘訣は没頭することと、今までにない価値を生み出すことです。

 

例えば堀江氏の強みは、実業家という肩書きだけにとどまらず、美食家、ロケット開発など様々な分野を組み合わせて出来た、いわばハイブリットタレントです。

肩書きを複数持つことで、いままで存在しなかった価値ある人物になり得るのだと言います。

 

本文に紹介されている厚切りジェイソンという芸人がいますが、彼もまた成功を収めたうちの一人。彼は「お笑い芸人」「IT会社員」「在日アメリカ人」の三つの肩書きを持ったハイブリッド。いままでそういった人間がいなかったからこその成功がそこにはありました。

 

まとめ

最終的には教育という概念を取り払って、何かに没頭することの意義を熱く語った本だったと思います。とにかく行動することが大切。逆に行動出来ない人はいつまでたっても、成功に辿りつくことができないと堀江氏は語ります。

 

僕の没頭できることは何だろうか?ランニング?ブログ?読書?

ふと気づけば自分の好きなことは自然と見つかるものです。

いつまでも純粋に生きられるよう、早い段階で自分の好きなこと・嫌いなことに向き合う習慣を身につけようと思わされる本でした。

 

それではまた!