走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

副業ブロガーが初めての住民税の申告に行ってきた備忘録

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

f:id:tobutori00:20170303221622j:plain

この間、人生初めての住民税の申告に行ってきました。

ブログで収益をわずかながら頂いていたので、税金の申告に行く必要がありました。

やり方とか間違っていたらどうか、やや不安もあったのですが、とりあえず申告を終えたので、備忘録として書いていきます。

 

「ブロガー 住民税 申告」検索

昨年のブログ収益は、本当に雀の涙ほどでしかなかったので、確定申告なんて僕には関係のないものだと思ってました。

自分で調べた限りでは、年間20万円以上の所得がなければ申告は不要となっていたので、まったくのノータッチでいました。

 

しかし!

 

よくよく調べてみると、確かに所得税の申告は年間20万円以上なければ不要。ただし、住民税の申告は必須ということがわかりました。

 

収益がいかに少なくとも一円以上稼いでいるのなら申告の必要があることがわかりました。

それを知った瞬間から一気に焦り始めましたw

 

急いで「ブロガー 住民税 申告」と検索をかけて書類を用意しました。

 

用意したもの

・Googleアドセンスの2016年の支払い履歴

・Amazonアソシエイトの2016年の支払い履歴

・楽天アフィリエイトの2016年の獲得ポイント

・上記をエクセルにまとめた合計金額

・印鑑

・通帳

・通知カード+免許証(マイナンバーが必要)

 

です(残念ながら昨年はA8などのアフィリエイト収益はありませんでした)。

 

一応ネットで調べられる限りを調べて、書類作成して行こうかとも思ったのですが、難しそうだったので、上記書類を用意した上で申告会場に向かいました。今回向かったのは地元の市民会館でした。おそらくめちゃくちゃ稼いでる人たちは、税務署に行かなければいけないみたいです。

 

ちなみに自宅にプリンターはないので、PDFファイルをUSBメモリに入れて、近くのセブンイレブンでプリントしました。

 

レッツ申告

「今日はどのような内容でしょうか」

「本業以外の副収入が20万円以下でありまして、住民税の申告できました」

「わかりました。ではこの番号でお待ちください」

 

自分がどの内容で来たのかを伝えるとしばらく待つように言われました。

 

「ちなみにどれくらい待ちますか?」

「ん~だいたい1時間くらいですかねー。すみません」

「はい、わかりました」

 

待ち時間は覚悟していたので、会場で本を読みながら待つことにしました。

待ち人数は30人ほどありました。

 

(みんな自分で稼いでるんだよなぁ。すごいなぁ。)

 

そんなことを思いつつ、本を読みながら待機していました。

 

肝心の住民税はおいくら?

実際には1時間も待たないうちに番号を呼ばれました。

職員の人に再度用件を伝えて持参した書類を提出しました。

 

書類を見ながら職員の人がパソコンに情報を入力し、説明を受けました。

 

「パソコンでの収益かと思いますが、経費などはありましたか?」

「いやー無い...ですねぇー」

 

はてなPRO会員費とかAmazonで購入した商品などもおそらく経費になったのでしょうが、「低所得だし関係ないだろうな」と思っていたので、まったく触れていませんでした。

 

で、住民税がどれくらいになったのかというと、年間所得9万円程に対して住民税が9000円程になるとのことでした。経費を計上していればもう少し税金が下げられたかもしれません。

 

ちなみにこの住民税は今年の6月に自宅に請求が来るそうです。

 

会社にバレないのか

副業ブロガーの一番気になるところは、「会社に副業がバレないか」だと思います。

 

これは住民税の納め方がカギになります。ここも職員の人に聞いてようと思っていたのですが、先に職員の方に聞かれました。

 

「住民税の納付方法ですが、会社に報告が行かないほうがいいですか?」

「はい!とにかく会社にバレなきゃいいです!」

 

住民税の納付方法は二種類あり、「給与からの差引き(特別徴収)「自分で納付(普通徴収)」があります。

 

この「自分で納付」を選べば会社にばれる事はありません(たぶん)。

 

逆に「給与からの差引き」を選んでしまうと、住民税の引き落としが会社の給料と被り、住民税が上がったことで経理の人が気づき、「この人副業やってんじゃないの?」ってバレるらしいです。

 

職員からも確認用紙を見せられて、しっかりと自分で納付にチェックがついているのを確認しました。

 

パソコンの入力などが終わり、書類の確認をし会場を後にしました。所要時間はなんと10分程度でした。手続きが非常にスムーズに終わり、なんだか拍子抜けしてしまった感じです

 

反省点

おそらく来年も確定申告、もしくは住民税の申告に行くことになると思います。

今回、経費の計上は大事だなって思いました。もし仮にAmazonの支払い履歴などをチェックして、それを経費として計上していれば、この後に来る住民税9000円の支払いをもう少し安く済ませることができたかもしれません。

しかし9000円で経験を買ったと言うことにすれば安いものかなと...。

 

脳内で良いように変化しておきます。

 

あと今回使わなかったのが通帳と楽天アフィリエイトの用紙

楽天アフィリエイトでは収益がポイントとして入ってきていましたが、そのポイントは20ポイントでしかありませんでした。念のため職員の方に「これも持ってきたんですけど」と伝えると「、なかなかないケースですね...とりあえず容姿はお預かりしますが、申告には必要ないかもしれませんね」と言われました。

 

 

税金の申告にどうしたらいいのかわからずビクビクしていましたが、やったら何とかなったので、これでまたブログに熱を注げるってもんですわ。

 

さぁもっと良い記事を書くぞ!もっと稼ぐぞ!

それではまた!