走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

音楽の力【2017/2/4[13]】

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

f:id:tobutori00:20170205075331p:plain

2月1日にリリースされたUVERworldの『一滴の影響』を昨晩ようやく手に入れ、そこからずっと聴いていた。

僕とUVERworldの出会いは中学生のときからで、がきんちょだった僕が成人し社会で働いた今でも聴いているアーティストだ。

 

熱い音楽を聴いていると、自然といいタイムで走ることができる。

トップスピードに持って行くまで、未だゆっくりとしたペースで走っていたが、今日はなかなかのスピードで走ることができた。

いつもの僕のペースはおおよそ1kmあたり5′50″ペースなのだけれど、今日に限っては5′30″とハイペースだった。ハイペースな分、疲れるのは当たり前だけど、音楽が、UVERworldがその疲れを吹き飛ばしてくれる。

 

UVERworldの30作目となるシングルは、カップリングを合わせて3曲が収録されている。『一滴の影響』『エミュー』『Forever Young』。どの楽曲も

「素晴らしい」の一言に尽きる。僕はかなりの偏食(偏曲?偏聴?)で購入してからこの3曲しか音楽を聴いていない。一度ハマると飽きるまで、延々と同じことを繰り返すタイプです。

例に漏れず走っている間の1時間ほど、この3曲をヘビーローテーションさせ続けた。でもまだ飽きない。しばらく飽きはこないだろう。

 

音楽の力は偉大だと、この日記でも唱えていきたい。

フルマラソンを過去2回走ったことのある僕だが、いずれも音楽を聴きながら走っている。コードが煩わしいと感じないよう、ブルートゥースイヤホンを愛用している。

 

自分が熱くなれるようなプレイリストを作成して走ったのだが、これが効果覿面(こうかてきめん)だった。

とくに昨年出場した新潟シティマラソンはすごかった。スタートの号砲が鳴ると同時に音楽スタート。エンドルフィンが頭からどくどくと音を立てて流れるように、僕のテンションは一気に跳ね上がった。曲のリズムに乗りながらーあるいは歌いながらー加速していき、ペースは驚異の4′30″。自分でも驚いたのだが、普段走っているペースとはかけ離れたペース、いわゆるオーバーペースだった。しかし最後までペースを緩めることはなくーといっても5′00″までペースは落ちたーフルマラソンを完走することができた。

 

一年越しのフルマラソンだったが、その一年前のタイムと比べると20分も速くなっていた。毎日走り続けた結果と音楽が僕を支えてくれた。そう思って間違いないと、今日も確信している。

 

走行距離:10.00km/タイム:56:49/平均ペース:5′41″