走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

やれば出来ると思うこと。これが一番の成功法則だね【2017/2/2[11]】

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

f:id:tobutori00:20170202221705p:plain

今日の新潟の天気は大荒れだった。昼間に走ったのだけど、目の前がホワイトアウトしかけるほど視界が悪かった。息も絶え絶えに、強風に立ち向かってなんとか10km走ることに成功した。

 

僕にとって10kmという距離は、絶対に走りきれる距離なんだよね。

どんなに雨が降ろうが風が吹こうが一度走り始めたら、必ず10kmは走って帰ってくる。状況がどうであれ、必ず達成する秘訣は何かと自分で考えてみた。

 

成功の秘訣のひとつは「絶対にできる」という確信を持つことなんだと思う。

 

ちなみに毎日20km走れと言われたら無理、ではないけれど、続ける自信がない。それと同じで、まったく走ったことのない人が「これから毎日10km走って」と言われればやはり無理だと思う。

 

しかし一回でもやり遂げることができれば、それは不可能ではなくなる。僕が平日に一度でも20km走れたのであれば次の段階に進んで、「やるかやらないか」の世界になってくる。

僕の場合は、10kmランを毎日続けることは、不可能なことでは決してなくて、やるかやらないか、その選択次第ということになっている。

 

何事もそうだけど、絶対にできると思って取り組むのとそうじゃないのとでは、成功の確率は変わってくる。纏(まと)うオーラも全然違う。絶対に成功できる、むしろ成功できないのはおかしいくらいまでの意識の人と仕事をすると、必ずといっていいほど良い方向、結果に進んでいく。

 

この「成功して当たり前」という意識を持つことで、いろんなことが楽になると考えている。ひとつは収入についてだ。

現在は月給20万円働いているが、僕の将来の月給は1000万円だ。非現実だと笑われるかもしれないけれど、これはえらくマジで、年収1億円は手に入れたいと思っている。

先ほども述べたが成功の秘訣は「成功して当たり前」の意識を持つこと。つまり1億円手に入れて当たり前だという意識を常に持つことで、自然と僕はその成功を手にいれることができる(はずである)。

 

ランニングを例にとって成功の秘訣を自分なりに考察してみた。

これが正解か不正解なのかはまだわからない。だが、少なくとも下を向きながら、出来ない理由を並べる人生だけは真っ平ごめんだ。出来て当たり前なのだから、やれることを今のうちからしっかりしよう!そうやって熱を持って生きてゆきたい。

 

話は変わるが、今年もマラソン大会に出ようか検討中。疲労骨折しない程度に、楽しく出れる大会があれば顔を出してみようかな。

 

走行距離:10.00km/タイム:59:48/平均ペース:5′58″