走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

左膝の完全復活ー10kmラン再開!【2017/1/31[9]】

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

f:id:tobutori00:20170131231348p:plain

左膝が完全に治った!!!!!!!!

 

今日は、実に丸2ヶ月ぶりに10kmを走った。走り終わってから8時間が経過した今でも痛みはないので、これは完治したといってもいい。今日から毎日10kmラン完全復活だ。

 

1月に入ってから療養のため毎日2kmずつ走ってきた。正直2kmというのはかなり物足りなかった。体は熱を持つが汗はそんなにかかない、息も上がらない。時間も10分弱で済むので、気軽に始めるのには適しているだろうが、それじゃ足りなかった。

10kmじゃなきゃダメだ。ダメダメダメダメ。そんな風にフラストレーションが溜まっていたが、それも今日でおしまい。

2月から10kmを走ろうと計画をしていたのだが、どうにも待ちきれず1日前に走ってしまった。

 

久々の長距離ランの感想は、体が重かった。これに尽きる。

それもそのはずで、体重こそ増えてはいないものの、体脂肪率と体年齢は10km走っていた頃よりだいぶ衰えた。体年齢は18歳から24歳になったので、おおよそ6歳は老けてしまった。

体のどの部位を取っても劣化は避けられなかったようで、これから体を万全に持っていくためにはまだ時間がかかることが予想される。

 

3km過ぎくらいから徐々に体が重たくなり、足が思うように前に進まなかった。眠っているとき、夢でよく見る「走っていても全然前に進まない」あの状況に似ている。全盛期はこんなもんじゃなかったと、数ヶ月前のことを大昔の出来事のように思い返して重たい体を運んだ。

 

久々のランニングコースは変わっていないようで、ちょっとずつ景色が変わっていた。この家リフォームしたんだぁーとか、このお店閉店しちゃったんだぁーとか。たかが2ヶ月走っていないだけで、街の景色は変わっていくものなのだとしみじみ思った。

 

10km走り終えるころには、もう全身が鉛のように重たく感じた。と同時にものすごい達成感を得た。2kmでは感じられなかった充実感がそこにはあった。

 

日中走るときに習慣としている神社へのお参りも同時に済ませた。二礼二拍一礼をし、両手を合わせて目を瞑り、自分ん家の住所を唱えてから神様に報告をする。

「いつもありがとうございます。この度左膝が完治し、これから毎日10km走っていきます。これからもどうか見守りください。はらいたまえ、清めたまえー」

 

神社に登る階段が今日のランニングで一番辛かったことはあえて報告はしなかった。

さぁ、これからが本番だ!

 

走行距離:10.04km/タイム:59:16/平均ペース:5′54″