走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

2016年に起こったいろんなことにベスト3をつけてみた

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

f:id:tobutori00:20160909174031j:plain

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

本年も読者の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。

個人的にですが、おかげさまでめちゃくちゃ濃い一年を過ごさせていただきました。

今回は2016年の締めくくりとして、今年の様々なこと(もの)にランキングを付けて振り返っていきます。ではいってみよう。

 

 

購入してよかったもの

第1位:ジェラートピケのパジャマ

 

寝るときはパジャマではなく、いつもスウェットかジャージを着ていた僕でした。パジャマは「無駄な締め付けがない」とか「スウェットやジャージとは着心地がまったく違う」とか、挙句「着ると年収が上がる」とまで評判を聞きつけ、本当かよ!と思いながらも購入しました。

ジェラードピケというブランドのパジャマとガウン(金持ちがワイングラスを持ってるときに着てるアレ)を買ったのですが、これがめちゃくちゃよかった。

パジャマは評判通り、着心地が抜群。ガウンは羽織るとものすごく暖かい。新潟の冬はものすごく寒いので、ガウンを羽織るのと羽織らないとでは体温が違います。

あと「年収が上がる」っていうのも何となくわかります。

鏡で自分の姿を見たとき、「こいつ誰だ!?」ってなります。いい意味で。

 

第2位:iPad mini4 64GB 

Kindle端末+メモ帳+ブログ執筆ツール+動画視聴+ネットサーフィン+オーディオとして、もはやなんでもござれな最強ツール。今までスマホだけあれば十分、タブレット端末のメリットがわからなかった僕ですが、持ってみるとこれが意外と手放せない。

外出時にあれだけかさばっていた荷物が全てiPadに集約されるのはとてもよかった。

お泊まりのときも毎回ノートPCを持ち運んでいましたが、今ではiPadひとつ持っていけばいいので、荷物がとても軽くなりました。

 

第3位:ロードバイク  

キャノンデールというメーカーが出しているcaad12というロードバイクを購入しました。ランニング、水泳にチャレンジし、いよいよ本格的にトライアスロンを目指そうと決意し、思い切って購入。

額に汗が滲むくらいお値段が高かった..。しかし買った後悔はゼロ!

ママチャリとロードバイクとでは、軽さやスピード感がまったく違う!全然違う!

購入して夏から秋にかけて休日のたびに乗り回してきました。

最初の初期投資は結構するけれど、一回揃えてしまえばのめり込むこと間違いなし。

 

購入してよかったゲーム

第1位:ファイナルファンタジー XV

もはや衝動買いに近いかたちでPS4と一緒に購入。久しぶりに新しいハードを購入したのですが、グラフィックの綺麗さに圧倒されました。うちのテレビは4Kではないのですが、それでも新しいゲームはいまここまで来てるのか、と思わず感動させられました。

ちなみにプレイ時間はまだ2時間。まだまだ楽しめる余地ありです。

 

第2位:ポケットモンスターサン

発売日前日にダウンロード版をポチり。ポケモンシリーズはBWぶりにプレイしましたが、これが意外とハマる。ポケモンは大人も子どもも楽しめるゲームの代表作だと改めて実感しました。プレイ時間は20時間未満で四天王撃破。ゲームクリア後は完全にお蔵入りとなってしまっていますが、これからまた攻略していくかもしれません。

 

第3位:ポケモンGO 

f:id:tobutori00:20161231173242p:plain

 

ピカチュウかあいい。

 

アクセスの多かった記事

第1位:実録・月300km走るとどうなる。毎日10kmランを1ヶ月続けてみた。

www.hashirutori.com

 

第2位:フルマラソンに挑むならこの曲を聴け!オススメ曲19選

www.hashirutori.com

 

第3位:【2000kcalオーバー】太るためにポムの樹でLサイズオムライスを食べてみた【太る方法

www.hashirutori.com

 

はてブは全然ついてないけど、毎日安定してPVを稼いでくれる僕のブログの稼ぎ頭。大変お世話になりました!

 

やってよかったこと 

第1位:村上・笹川流れ国際トライアスロン大会

www.hashirutori.com

 

めちゃくちゃ良かった。本当にあの会場にいただけでもココロがオドった。

 

参加したのは三人一組のリレー形式で、僕はバイク担当でした。ロードバイクを購入してから数ヶ月での本格的レースに出場することになり、初めはテンパってたのですが、レース開始後はぶっ飛びました。

笹川流れの綺麗な海の景色を眺めつつ、時速30km以上で風を切って走る爽快感は、何度も味わいたいと思えるほど、素晴らしかった。

 

2017年は身体を鍛えて、リレー形式ではなく、一人で参加するつもりではいますが、果たしてどうなることやら。来年のことは来年どうにかするぜ!

 

第2位:新潟シティマラソン

www.hashirutori.com

 

二つ続けてスポーツの話題。人生で二度目のフルマラソン出場 in 地元新潟。天気に恵まれず途中でスコールに見舞われ、コンディションは最悪といっても過言ではないほど悲惨だったのですが、それでも完走後は「走ってよかった」。この一択です。

タイムも昨年の最高記録を28分も更新し、3時間30分で帰ってくることができました。(サブ3.5にはわずか届かず!)

 

レース後には左膝の疲労骨折をし、絶賛療養中でございます。はよ、なおれ!

 

第3位:読書

2016年の後半は、友達とも会わず、飲み会にもいかず、ただひたすらに本を読む毎日を過ごしておりました。年間で読んだ本はもしかすると200冊に届いたかもしれません。

おそらく人生で一番本を読んだ年になったのは間違いありませんし、このペースだと来年も本を読む年になりそうです。

 

当ブログで売れた商品

第1位:ペン字練習帳 

断トツでペン字練習帳が売れました。ペン字練習の記事はそんなに本数をあげていないのですが、ページビューはけっこう稼げている感じです。

大人になると字の練習ってまったくしないので、どんどん汚文字になる一方で...。仕事でメモを取ることが頻繁にあるので、その時に自分の字の汚さで萎えてしまわないように練習をはじめました。

4冊買ってきましたが、紹介している練習帳が一番使いやすかったです。おためしあれ。

 

第2位:コジット フェイスエピローラー

なぜ売れたw

 

第3位:Bluetooheイヤホン

 

 

売れたー!これは個人的にランナーの人には絶対に使ってもらいたいワイヤレスイヤホン!

有線のイヤホンだとコードがぶつかって雑音しまくりなのですが、Bluetoothなのでそういったストレスが一切ありません。防水機能もついているので、365日走りたいというランニングジャンキーはぜひこのイヤホンを使ってください。

 

読んでよかった本

第1位:蘇える変態

今年大ブレイクを果たした星野源の(変態)エッセイ。彼がブレイクした秘密がこの本に凝縮されていると思って間違いないでしょう。そもそも星野源って誰だよ、何だかいけ好かない男だ、と思っている人もいるでしょうが、まずは黙ってこの本を読むべし。

正直そこまで星野源が好きじゃなかった僕がこの本を読んで笑ったし、そして泣きました。彼には惹きつけられる不思議な魅力があるんだと思ってます。

本を読んで以来、『逃げるは恥だが役に立つ』を毎週欠かさず視聴しておりました。はい、逃げ恥ロスです。

 

第2位:コンビニ人間

日常にひそむサイコパスを描いた作品です。奇妙で不気味で、この作品はサスペンスなのかコメディなのか、つかみどころのない本でした。

主人公は30歳を過ぎてもフリーターとしてコンビニで働く女性。なぜこの人はコンビニでしか働かないのか、その理由がとてもサイコパス的なのですが、今の時代の人たちにとても合っていると思いました。

 

第3位:食品の裏側

今年は口に入れるものにもこだわった年でもありました。自分が食べている食品には、どんな成分が含まれているのか、誰でも一度は気になったことがあるのではないでしょうか。

 

体に悪いなと思いながらもついつい食べてしまうカップラーメンなどのインスタント食品。

どんな成分が含まれているのかわからないけど、とりあえず使っている調味料。

添加物もりもりのコンビニ食品などなど。

 

どんなものがどれだけ入っているのか。意識するのと違うのとでは生活の質自体が変わってきます。成分表を見て買う習慣を身につけると、こんな毒を食べていたのかとショックを受けるのでぜひやってみましょう←

 

人生を変えた出来事

第1位:結婚

Can you celebrate ? Can you kiss me tonigth?

3年ほど付き合った「彼女」の肩書きが、「妻」あるいは「配偶者」に変わり、「身内」「家族」となりました。僕は「彼氏」から「夫」「旦那」にシフトしました。

肩書きが変わっただけで、当人たちはいたって普通。生活になんの変化もありません(もちろんいい意味で!)

 

肩書きと周囲からの目が少し変わったくらいです。僕らは何も変わらなかったです。強いて言うならば左手の薬指に指輪がハマったくらいのものでしょうか。

 

なので結婚に対して不安がある人には「別に何も不安に思うことなんてないよ」と言えます。まぁそれは家族の事情によるんだろうけど。

結婚したからこそ、無理に結婚にこだわる必要はないんじゃないのかなとも思います。

 

結婚って、意外と自由でした。 

 

第2位:390日連続10kmラン達成

www.hashirutori.com

これやったやらないとでは、今までの人生まったく別物になっていたと思います。

やってよかった。そしてまた始めたい。

 

第3位:読書

膝を故障してからは本を読むことにどっぷりのめり込み、今では走ることと同じくらい本を読むことが好きになりました。好きでやってるのに、活字に強くなったり、文章を考える力がついたりメリットが盛りだくさん。

おそらくランニングと同じく、生涯取り組んでいくことのひとつになるでしょう。

 

観てよかった映画

第1位:アンコール!!

老人が活躍する映画が好き。『グラン・トリノ』とか『マイインターン』とか。『アンコール』は老人映画の中でも群を抜いて、泣けた映画でした。

頑固者の夫が妻の死をきっかけに、自分を変えていく。周りの人たちに支えられながら、自分の殻を破ろうと葛藤する姿に、号泣すること間違いなし。

 

第2位:君の名は

f:id:tobutori00:20161231173533j:plain

説明不問、流行に乗って映画館で観てきました。普通に面白かった。

 

第3位:シン・ゴジラ

f:id:tobutori00:20160814092701j:plain

 アニメの巨匠 庵野監督が手がけたゴジラをスクリーンで観ました。いままでみたことのない姿のゴジラに戸惑い、作戦会議で日本の政治を垣間見て、やっぱりゴジラって超強ぇー!と思ったりと、結果観てよかったと素直に思えた作品でした。

あの終わり方だと次回作に続きそうな予感なのですが、これいかに。

 

お金をかけたこと

第1位:結婚写真など結婚にかかった費用

初めてプロのカメラマンに写真を撮ってもらいました。かっこいいカメラに目移りしながら、かっこいいポーズをキメてきました。最初は照れて表情が作れなかったりもしたのですが、やはりそこはプロのカメラマン。楽しく撮影することができました。

撮影料金は、アルバム(現物)、メイク、衣装、小道具、場所代が含まれます。

 

あとはなんだかんだ結婚後にいろんなところに旅行にいったり、ちょっと豪華なご飯を食べに行ったりとかしてたりもするので、今年は結婚にかかった費用が第一位となりました。

 

第2位:ロードバイク

愛車caad12。それに付随して、ヘルメット、空気入れ、ボトル、キーチェーン、お手入れセットなどなど諸々のお値段は20万円を優に超えていきました。

僕自身、一生モノのロードバイクだと思っているので、これからも大切に乗り続けていきたいです。

 

第3位:PS4

 

プロかスリムかどちらか悩んだのですが、選んだのはスリムの500GBです。

決め手は

・テレビが4Kではないため

・プロとスリムのグラフィックに差を感じ取りづらかった

・単純にプロは価格が高い

・動画も取らないし、ソフトもDL版ではないものを買う予定があったため

 

据え置き型のゲーム機を買ったのはPS3以来だったので、購入時はやや渋りました。「本当に使うのかな」とも思っていたのですが、やはりあれば使ってしまうもの。YouTubeなどの動画アプリもヌルヌル動くので、テレビで動画を見る機会が増えました。これが新時代なのか。

 

大好きだったアーティスト

第1位:UVERworld

f:id:tobutori00:20161231173228j:plain

ライブにこそ行かなかったものの、「人生で一番好きなアーティスト」の座は今年もUVERworldでした。UVER最高。

 

第2位:SUPER BEAVER

f:id:tobutori00:20161231173241j:plain

もしかすると今年一番聴いていたアーティストはSUPER BEAVERかもしれない。めちゃくちゃハマった。新しく出たアルバム『27』はもちろんチェックしてヘビロテ。

ちょっと前に戻ってアルバム『361°』が一番聴いてました。

個人的には「ありがとう」「鼓動」「サイレン」がめちゃくちゃ好き。いや、大好き。

 

ぜひTSUTAYAでレンタルして見てください。気に入ったら買ってください。宜しくお願いします。

 

第3位:星野源

f:id:tobutori00:20161231173251j:plain

我が家では星野源のことを「源ちゃん」と呼ぶようになりました。『逃げるは恥だが役に立つ』は毎週楽しく見させてもらいました。源ちゃんの出ている作品はなるべくチェックするようにしている。

最近観た映画は『地獄でなぜ悪い』というものだったが、あの源ちゃんは強烈なキャラクターで、今までの魂の抜けたようなおとなしいキャラが一掃され、ク○リをやって頭に刀が刺さったままラ○った姿に、思わずお茶の間で吹き出しました。

来年も変わらず変態でいてほしいと思う男性No.1です。

 

2016年総まとめ

最高に濃い一年を過ごしました。

この記事では書きませんでしたが、路上ライブをしたり、大阪や東京に旅行に行ったりと、一ヶ月のうちに必ず何かしらのイベントがある一年でした。なので毎日どんな日だったのかを今でも思い返すことができます。

 

しかしまだまだ心も体も満足してはいない。 

もっと楽しい2017年になるよう精一杯、生きます。

 

それではまた!

 

関連記事 

www.hashirutori.com