走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

【音楽と努力と才能】『羊と鋼の森』感想

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

書店で見かけていたハードカバー。紹介文には「2016年本屋対象第一位」と堂々と書かれていて、読もうかなぁー、でもページ数も分厚いし読むの大変だよなぁーと敬遠していた本がありました。

 

しかし今日の僕は違った。

今日の僕は二連休の初日であったのだ。

 

ということで『羊と鋼の森』読みました。

 

 

内容紹介

ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

 

主人公は社会人一年目の調律師見習い。

調律師ってあんまり聞き慣れない職業ですよね。簡単に説明すると、音が出なくなった(あるいは音程が合わなくなった)ピアノを修理する職業です。

調律師見習いとして、人として成長する様を描いた作品。

 

調律師という特殊な職業

本を読むことは知らない世界を知ることにつながる。

知らない土地に住むこともできるし、就いたことのない職業に就くことも。

ジェダイになることだってできるだろうけど、現実に存在する職業ではなく、あくまでフィクションなので自分を重ねることは難しい。将来、絶対に就くことができない職業だから。でもまぁ、憧れることはもちろんできるし、それは勝手にできる。

 

一方、調律師という職業は、普段聞き慣れない名前だけれど、現実に存在している。ピアノを直す仕事。ピアノも小さいころに誰しもが触れたことのある親しみのある楽器だ。だからある程度ピアノのことについては、誰しも想像を働かせることができるはずです。

 

白と黒の盤を押したら音がなるとか。盤を押したら、中の何かが弾かれて音がなるとか。ほんとその程度。押せば音がなることは誰でも知っていますよね。

 

単純な「音」という単語にとことんこだわり尽くすのが調律師の仕事です。調律師がいて初めて演奏者が成り立つと言っていいほど、ピアノを「調律」することは演奏者にとってとても重要なことなのです。

 

そのこだわりを持つ人たちが「音」に悩み、葛藤する様が描かれています。

 

「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体」

(中略)

「原民喜が、こんな文体に憧れている、と書いているのですが、しびれました。私の理想とする音をそのまま表してくれていると感じました」

 

演奏者が演奏のスキルを高めて、磨きをかけるように、調律師も自分の(もしくは演奏者の)目指す音を探し続けています。

 

ピアノは木と弦でできているので、気温や湿度によって音に大きな差が生まれます。

調律師はそういったコンディションに応じてピアノを調律していくわけですが、音にはいくつもの種類があります。

 

明るい、暗い、硬い、柔らかい、丸いなど。

依頼者の「ピアノの音が暗くなっているので、に明るくしてほしい」という、微妙なニュアンスをうまく汲み取って理想の音が出るようにする。素人からしてみれば「音が明るいってどういうこっちゃ」って話になるんですが、主人公たち調律師は時間をかけてピアノに向き合います。

 

 

努力と音楽

和音が何かを我慢してピアノを弾くのではなく、努力をしているとも思わずに努力をしていることに意味があると思った。努力していると思ってする努力は、元を取ろうとするから小さく収まってしまう。自分の頭で考えられる範囲内で回収しようとするから、努力は努力のままなのだ。それを努力と思わずにできるから、想像を超えて可能性が広がっていくんだと思う。

うらやましいくらいの潔さで、ピアノに向かう。ピアノに向かいながら、同時に、世界と向き合っている。

 

物語では双子の演奏者が出てくるのですが、特にいいなと思った文章を抜粋しました。

 

音楽って本当に奥が深い。

 

僕の尊敬する人ってみんな音楽家だったりしますが、この小説の登場人物のように、音楽にどっぷり浸かっているからこそ、あれだけの素晴らしい音楽を作れるんだなぁと毎回思います。

もちろん小説はフィクションなのだけれど、「努力を努力と思わない」というのは、ある種才能です。そういう人を心からかっこいいと思うし、尊敬もします。

 

僕にとっての「努力を努力と思わない」ことってなんだろう。

たぶん一生のテーマです。

 

才能という罠

「口にしないだけで、みんなわかってるよ。だけどさ、才能とか、素質とか、考えないよな。考えたってしかたがないんだから」

ひと呼吸置いて、秋野さんは続けた。

「ただ、やるだけ」

ぞくっとした。秋野さんでさえ、そうなのか。

「才能がなくたって生きていけるんだよ。どこかで信じてるんだ。一万時間を越えても見えなかった何かが、二万時間をかければ見えるかもしれない。早くに見えることよりも、高く大きく見えることのほうが大事なんじゃないか」

はい、と答える声が掠れた。簡単にうなずきたくはない。ほんとうにわかったのかと聞かれれば、自信はない。だけど、真実だと思う。才能があるから生きていくんじゃない。そんなもの、あったって、なくたって、生きていくんだ。あるのかないのかわからない。そんなものにふりまわされるのはごめんだ。もっと確かなものを、この手で探り当てていくしかない。

 

調律師に大切なのは「耳」です。

耳の聞こえ方がいい人、悪い人というのは才能(体質)が大きく関係してきます。それは努力で改善する場合もあるし、そうじゃない場合もある。才能があるかないかなんてわからないから、考える時間が勿体無い。だったら考えながら動けばいい。

 

音楽を題材に物語は穏やかに進むのですが、「努力」や「才能」など、生きていく上でどうしても意識せざるをえないテーマを取り扱っているのもこの本の見どころ。

 

どの職業に就いたってそうですし、このブログを書いていたってそうです。

 

「俺、才能ないのかなって」

 

そんなこと考える必要なんてないのかもしれません。

ただ、やるだけ。です。

 

まとめ

調律師の作品に触れたのは人生で二度目です。

『ダニーザドッグ』という映画で、モーガンフリーマンが盲目の調律師を演じていました。(ちなみに映画自体はジェットリー主演のアクション映画)

f:id:tobutori00:20161221163508j:plain

 

なのでなんとなく調律師ってこういう職業なのかなと想像はしていました。

(そして『エアギア』の「調律者」とはまったく違うものだということはもちろん知っていました。)

 

Amazonレビューでは「調律師はこんな職業ではない」とか「内容が浅い」という低評価が散見されますが、ぶっちゃけ素人の僕にとってはあまり関係のないことでした。

 

ピアノに、音楽に正面から向き合うということは、きっとつまりこういうことなんだろうなと感じることができたので満足してます。

 

衝撃的展開も、サスペンスもアクションもない作品ではありますが、芯の通った作品だと思います。特に「努力」と「才能」の話が熱かった!

 

それではまた!

 

関連書籍