走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

【金持ちになりたかったらこの本だけ読めばいい】『斎藤一人 天も応援する「お金を引き寄せる法則」』感想

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

お金を貯めたかったらどうしたらいいか。

とにかく働く。うん、それもいい。

それもいいけど、もっと簡単に、楽に稼ぎたい。朝から満員電車に揺られたり、雪道をスリップしないように神経をすり減らして出勤しなければいけないような、そんなストレスからは無縁の世界で、リラックスムードで、水道の蛇口をひねったら水が出るように、金が流れてこないかなぁ。

 

「楽に稼ぐ」って、よこしま〜でいやらし〜?

 

いやいやいやいやいやいやいや

 

誰でも心の底では頭の片隅では「もっとお金を稼ぎたい」と思っているし、「仕事の時間は少なくしたい」と思っている。例外はほぼない。むしろそう思わない人ってじゃあなんでそう思わないの?ってなる。寝ながら一千万円稼ぐのと、一日8時間労働で残業ありで週5勤務で何十年も働いて手にする一千万円は、どっちがいいの?

え、働いて手にする一千万円は価値が違う?

 

いやいやいやいやいやいやいや

 

一千万は一千万円だから価値は一緒だからあああああああああああああああ。

もっと正直になるべきだと思う。

 

そんなときに是非とも読みたい本は『天も応援する「お金を引き寄せる法則」』

 

 

引き寄せの法則は超シンプル 

「引き寄せ」とか「法則」とか出てくると、どうしても胡散臭くなってしまうよな。

わかる。その気持ちはわかる。

「マスターキー」とか

「ザ・シークレット」とか

「ゆめをかなえるゾウ」とか

「本田健」とか

「金持ち父さん」とか

試したけど、金たまんないじゃん。

って思った人の多いことたるや日本の人口を超えていくレベル。

 

確かに「引き寄せ本」は丁寧に細かく書かれているし、モチベーションアップにも繋がります。

 

しかし、簡潔ではありません。

言ってしまえば回りくどいんですね。

 

斎藤一人さんが言っていることはとてもシンプルでわかりやすいです。そのわかりやすさは本文を読まずとも、もはや目次を読むだけで金持ちになる方法がわかってしまいます。

※ちなみに斎藤一人さんがどんだけすごい人なのかはここでは省略するので、ぜひググってみてほしい。

 

目次引用

01.お金に愛される人は、人からも愛される

02.お金を支払うときこそ「ありがとう」

03.できるだけ多くのお金を持ち歩く

04.天も応援する「四方よし」の精神

05.正しい欲を持つ人がお金を引き寄せる

06.願いを叶えるには、具体的な目標に落とし込んで行動を起こす

07.自分の仕事を愛している人に、お金は引き寄せられる

08.「お金は限りなくあるものだ」と考える

09.「だれでもすごい才能を持っている」と信じる

10.相手を変えようとせず、そのままを認める

11.人をほめて、ほめて、ほめまくる

12.最初に、自分を「ほめる」

13.「人」だけではない。「物」や「場所」もほめる

14.よく知らない人や、その場限りの人にも感謝する

15.人もお金も引き寄せる「共通力の法則」

16.「自分には価値がある」と思える人は、共感力が高い

17.「がんばらなければ価値がない」と思い込まない

18.人に個性があるのは、「それぞれ相手の価値に気づいて助け合うため」

19. 私たちが人の悪口を言ってはいけない本当の理由

20.出会う人すべてに「よきことがなだれのごとく起きます」と唱える

21.もらった恩を自分のところで止めないで返す

22.志の高い人を天は応援する

 

 

超シンプルに言ってしまうと、人として正しい生き方をしていればお金を簡単に引き寄せることができます。

 

えー、うっそーと思われる人もいるとおもいますが、ぜひ思い出してほしい。

 

・今日、買い物をした時にレジの店員に「ありがとう」と礼を言えたか。

・愛想のない人と話したときに心の中で相手の愚痴を言わなかったか。

・財布を床に投げたままでいないか。

・相手のことをちゃんと褒めているか。

・「貧乏だから」が口癖になっていないか。

 

人として、本当に当たり前のことなんだけど、できてないことって意識すると結構出てくるもんなんです。僕も意識してからは、「店員さんにありがとうなんて言ったことないや」と気付きました。

 

引き寄せの法則で一番重要なことはずばりこの「感謝」なのですが、引き寄せとか法則とか言う以前の問題で、人として当たり前のことをしっかりしろ、ということなのです。

 

それを馬鹿丁寧に項目として、あれをしましょうこれをしましょうと、引き寄せ本では書かれているのですが、ぶっちゃけ斎藤一人さんの本一冊あればそれでいいわけです。

 

個人的にはこの本一冊あれば(というか目次の項目さえ頭に叩き込めれば)十分引き寄せの法則をマスターするに足る情報が手にはいると思ってます。

海外の翻訳本である「ザ・シークレット」を読んだりする前に、めちゃくちゃ読みやすい斎藤一人さんの本をぜひ読んでみてほしい。

 

ちなみに僕は普通に気に入らない人と会話するときは、普通に心のなかで「Fu○k!!!!」と中指を突き立ててしまっているので、引き寄せの法則が発動してません。

気に入らない人には心の中で「よきことがなだれのごとく起きます」と唱える。はい、これ鉄則。

 

 

人として、正しく生きましょう。

それではまた!