走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

【一生をフリーターで終える人生は幸せか?】『コンビニ人間』感想 ※ネタバレあり

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

とにかくめちゃくちゃ本を読みまくって何とかこのブログを書評ブログになれやー!と奮闘してます。拙い文章つらつら書かせてもらってます、よろしくお願い致します。

んでもってひたすら本を読むと言っても、どんな本を読めばいいかは迷ってます。今まで自己啓発本ばかり読んでいたのですが、書評を書こうと思って気がついたのが「自己啓発本、ほとんど同じことばっか書いてんじゃん!」ってことですね。はい、今更です。

なので最近はもっぱら○○賞を取った純文学(響きがかっこいい)を読むようにしています。とはいえ本を読む体力もそれほどないので、ページ数が少なく比較的読みやすい本を探して日々読み漁っています。

そんななか見つけた本がこちら『コンビニ人間』

 

著者について

村田沙耶香
1979年千葉県生まれ。玉川大学文学部卒業。2003年「授乳」が第46回群像新人文学賞優秀作となりデビュー。09年『ギンイロノウタ』で第31回野間文芸新人賞受賞。13年『しろいろの街の、その骨の体温の』で第26回三島由紀夫賞受賞。

内容紹介

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

----------

日常にひそむサイコパスを描いた作品です。奇妙で不気味で、この作品はサスペンスなのかコメディなのか、つかみどころのない本でした。

主人公である古倉はコンビニでのバイトを18年続けているのですが、これはコンビニ以外では働けない理由があるからです。物語はその理由について迫っていくのですが、ふと思い返してみればこんな人、周りにいるじゃんと思ってしまうあたりが、僕にとってこの作品がサスペンスだと思ってしまう理由でもあるのです。

 

主人公・古倉の異常性

幼い頃に小鳥の死骸を見て「焼き鳥にして食べよう」と言ったり、喧嘩の仲裁の際にクラスメイトを思いっきり殴りつけ制止したり。古倉の異常さは全てを効率的に考えてしまうところにありました。

小鳥のお墓を作って悲しむよりも、人間の食料として扱った方が意義があると考え、クラスメイトの喧嘩を一番効率的に止める方法は先生を呼ぶ前に殴る、ということでした。

しかしそんな異常性を周りは認めようとしません。

それを病気として「早く治るように」と周りは心配し、そして矯正していくのでした。

 

どこか人と違う古倉はそんな周りの矯正に従おうと、自然と「自分」を隠して生きるようになりました。

社会人になり古倉がたどり着いたのが、コンビニ店員という職業。

 

早くコンビニに行きたいな、と思った。コンビニでは、働くメンバーの一員であることが何よりも大切にされていて、こんなに複雑ではない。性別も年齢も国籍も関係なく、同じ制服を身に付ければ全員が「店員」 という均等な存在だ。

 

コンビニは自分の異常性を隠して生きることができる唯一存在できる場所となったのです。それから18年、自分の居場所であるコンビニから離れることもせず、働いてきたのは全てサイコパスである自分を隠すためだったのでした。

 

人と違うと修復されますよ? 

「あいつら、自分と同じ会社の男にばっかり色目をつかって、僕とは目を合わせようともしない。大体、縄文時代から女はそうなんだ。若くて可愛い村一番の娘は、力が強くて狩りが上手い男のものになっていく。強い遺伝子が残っていって、残り物は残り物同士で慰め合う道しか残されていない。現代社会なんてものは幻想で、僕たちは縄文時代と大して変わらない世界に生きているんだ。大体、男女平等だなんだと言いながら・・・・・・」

「白羽さん、そろそろ制服に着替えてください。朝礼しないと間に合いませんよ」

客の悪口を言い始めた白羽さんに言うと、渋々といった調子でリュックを持ってロッカーへ行った。荷物をロッカーへ押し込みながら、まだ一人でぶつぶつ何かを言っている。

白羽さんを見ながら、私は、さっき店長に追い出された中年の男性を思い浮かべていた。

「あの・・・・・・修復されますよ?」 

愚痴ばっかり垂れて仕事のまったくできない新人に、普通であれば「無駄口叩かないでさっさと働け」と言うところなのですが、古倉はまったく違います。真面目に働かない者を異端者とし、「修復されますよ」とたった一言いうのでした。

 

「修復」という言葉には二つの意味が込められています。

一つは自分が欠陥品であることを自覚しているということです。周りと同じ行動が取れない古倉は自分自身に欠陥があると考えています。周りと同じように生きるため、たどり着いたのがコンビニ店員。コンビニ店員になることで立場も役割もみんな均一に与えられ、コンビニが私の欠点を修復してくれる救いの場であるということ表しています。

 

そしてもう一つは白羽(新人)のことも欠陥として見ていたことです。

 

他人と違うことは欠陥であり、問題視されること。他人と違うことは個性がある、となるのですが、古倉にとって個性がある=欠陥があると見えていたのでしょう。

 社会の一員であるという寂しさ

レジまでかごをお持ちすると、女性は財布を取り出しながら、今日も呟いた。

「本当に、ここは変わらないわねえ」

今日、ここから一人消えたんですよ。そう伝えることはせず、「ありがとうございます」と言って、私は商品をスキャンし始めた。

世の中で変わらないものなんてありません。数十年同じ味で出しているお菓子がありますが、時代によって実は味を変えていたりします。周りが「同じ」と錯覚するぐらい、品質を保つことにこだわっているのです。

 

コンビニでの仕事は店の歯車として働くことです。そして代わりの歯車が差し代わっても誰も気がつかないのです。同じ品質で、商品を提供することがコンビニの役割だからです。だからこそ、当事者だけが知る「変わらないものなんてない」という寂しさは、どの職場でもあると思います。

コンビニの声

そのとき、私にコンビニの「声」が流れてきた。

コンビニの中の音の全てが、意味を持って震えていた。その振動が、私の細胞へ直接語りかけ、音楽のように響いているのだった。

物語が進み、無職になった古倉がお客としてコンビニに入店した際、慣れないコンビニ店員を見て、自分の役割に気づきます。

コンビニと私は繋がっている。私の存在意義はコンビニだったんだと感じます。

 

「気が付いたんです。私は人間である以上にコンビニ店員なんです。人間としていびつでも、たとえ食べて行けなくてのたれ死んでも、そのことから逃れられないんです。私の細胞全部が、コンビニのために存在しているんです」

 

自分がコンビニ店員としてしか生きられないと悟った瞬間です。普通の人だったら、当然嫌がりますよね?コンビニ店員で一生を終えたい、なんて心の底から思う人なんてまずいません。

でも、古倉は違ったのです。

どの職業や役職に就いたのだとしても、自分の居場所を見つけられたことが古倉にとって何よりも意味のあることだったのです。

 

まとめ 

人間は何か目的を持って生まれてくる。それが古倉にとってはコンビニ店員だったのだと思います。

 

世間ではいろんな常識が飛び交っています。会社に属することで安心する人、正社員でなければいけないと思う人、生命保険に入っていなければいけないと思う人。

レールの上で生きていかなければいけないと考えは誰にでもありますが、そのレールって誰が敷いているの?きっと誰にもわかりませんね。

 

大勢が敷いた長く大きいレールに乗っかることが本当の常識なのでしょうか。レールの外にいる人を「異端者」として区別してもいいのだろうか。

そんなことを考えさせられる作品でした。

 

また、自分の生きる世界に矛盾があると嘆く白羽と自分自身に欠陥があると考え周りに合わせて行きていく古倉。この二人の掛け合いが面白く、そして考えさせられます。

間違っているのは世界なのか、自分なのか。 

------

周囲からは「コンビニ店員として何十年も働くなんておかしい」と言われ続け、ひょんなきっかけで一度はコンビニ店員から離れた古倉でしたが、最後は自らコンビニ店員として生きることを決めました。

それは自分らしく生きるということ。普通の人間としてではなく、コンビニ人間として生きる。肉体を改造するとかではなく、あくまで気持ちを切り替えただけなのだけど、最後、古倉は生まれ変わりました。

 

生きる目的を見つけた古倉は幸せそうにも思いましたし、本当にそれでいいのか?とも思いました。

コンビニ店員として一生を終える、存在意義を見つけた古倉さんは幸せになれたと思いますか?

 

感想があれば聞かせてくださーい!それではまた!