走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

本を読まないやつはガチでやばい

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

f:id:tobutori00:20161021182317j:plain

どーも、走るとりです。

お金の使い道が極端になってきているなと最近感じています。

 

無駄遣いを避ける割には、ある日うん十万円するロードバイクを購入したり。

外食を避けているのにもかかわらずお気に入りのカフェには休日のたびに通っています。

 

お金の使い道は人それぞれ。

納得のいく使い方をしていればそれでいいのでしょうが、使い方次第で人生が大きく変わってくるものです。

 

 

娯楽にお金を使うとどうなるか

パチンコやキャバクラに通わない僕ですが、カラオケやボーリングには行きます。広い目で見るとそういったことも全て娯楽に当たるのではないでしょうか。

 

お金で快楽を得ることができるのはその通りですが、支払っているのはお金だけではありません。

目には見えませんが、体力や時間もその場で支払っています

 

「楽しい」を買うために、お金と体力と時間を支払う。

娯楽にメリットを求めることが正しいかどうかは分かりませんが、費用対効果は非常に悪いと思われます。

 

たまの娯楽にお金や時間を投資するのはいいのですが、それが毎日続くのは少々考えものかと思う僕です。

 

よくある話で、1ヶ月前くらいに飲み会に参加しました。

そのとき楽しさはありましたが、長続きはしませんでした。

二次会にも参加をし、終了したのは午前2時。お金も使いました。

寝不足のまま帰宅し、翌日に来る二日酔いに体はボロボロ。

 

確かに楽しかったのだけれど、これだけのリスクを負いながら参加した意味は果たしてあったのだろうかと、今まで何度か経験した「後悔」をする羽目になりました。

 

リターンが無くリスクが高いものに投資するのは、単純にもったいない

 

自分の時間を大切にする

お金の使い方以外に心がけているのは、時間の使い方です。

それは人と過ごす時間

 

仲のいい友達でも長時間一緒にいることは少なくなりました。

というか友達と一緒に遊ぶことがなくなりました。

休日は必要以上に外に出ることもないです。

 

では何をしているか?

ひたすら本を読むか、ブログを書くか、走るかのどれかです。

 

読書を長く続けていると、「もっと本を読まなきゃ」と肌感覚で分かるようになります。

もっと読みたいという欲でもありますし、学が足りないという危機感が入り混ざった感じです。

この感覚が最近強くなっていますね。

 

本を読んでいると自然とブログにアウトプットしたくなります。

イメージとしてが食事と似ています。

栄養として取り入れることとそれを排出する作業が必要となります。

 

インプットした内容はしっかりと脳で噛み砕いて、ブログやSNSでアウトプットしていく。

その感覚が心地いい。

 

読書を始めて何が変わったか

1.お金の使い方

娯楽<自己投資

本を読むたび、著者の様々な体験を追うことができます。僕が読む本は自己啓発が多いので、成功者が何をしてきたのかを知ることができます。そしてこれから自分が何をするべきなのかも、です。

娯楽(カラオケやゲーム)にお金をかけなくなった僕は、読書へお金をかけるようになり、次第にスポーツなどの体験にお金をかけるようになりました。

 

最近ではトライアスロンに出たり、新潟シティマラソンに出たり、以前よりもよりアクティブになれた気がします。

 

2.時間を無駄にしない

空いた時間に何もしない、ということが耐えられません。

そんなときに役立つのがやはり読書です。

今ではKindleを使ってスマホでも本を読むことができますし、オーディオブックを使えば、運転しているときなど、どこでも本を読むことができます。

 

3.アウトプットをして人と繋がれる

インプットしたままでは人は成長できません。

アウトプットしてこそ、蓄えた知識が活きてきます。

 

アウトプットの場としてブログは最高の場所です。

なぜならアウトプットすることで様々な意見をもった人たちが集まるからです。

 

自分では気づかなかったことに気付けたり、自分の考えをより強くする効果があります。

 

何にお金をかけるかで人生が変わる

 

闇金ウシジマくん(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス)

世間一般の人たちと同じように何となく生きていれば、何となくぼやーっとした人生で終わっちゃうんだろうなと、25歳の僕は思います。

 

周りの人に合わせて、何となくタバコを吸って「最近だるいよねー」とか愚痴をこぼしたりとか。

飲み会に参加してどうでもいい話を2,3時間続けて、「二次会いくよね?」って誘われて朝までオールしたり。

で、朝起きてみれば頭は痛いし、お金もないし。

しょうがないからパチンコ行って金稼ぐかとかいって朝から暇つぶししたり。

 

ウシジマくんに出てくる「奴隷くん(債務者、金や時間にとことんだらしのない人)」みたいな生活を送っている人は意外と多いはず。

 

何となくでお金や時間を使うことは今すぐやめよう。

 

結局何を言いたいかといえば

時間があったらまず本を読もう。

 

読書のための読書本を読むと思いの外モチベーションが上がります。

人生を無駄にしないためにもぜひ本を読む習慣を身につけましょう。

 

それではまた!

 

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣

 

  

読書をお金に換える技術

読書をお金に換える技術

 

 

本を読む人だけが手にするもの

本を読む人だけが手にするもの

 

 

この記事を読んだあなたにオススメな記事

「なにかのために」を取り払うと途端に全てが楽しくなる