走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

書評&ランニングブログ...にしたい

疲労骨折の原因となった場合の過ごし方。体の故障はとても怖い。

広告

ワードプレスに引っ越しました!新サイト『ハシルトリ』はこちら!!

f:id:tobutori00:20161020174434j:plain

どーも、走るとりです。

新潟シティマラソンに出た後、左膝を疲労骨折してしまい絶賛療養中です。

 

今回は疲労骨折の原因となってしまった場合の過ごし方を紹介します。

 

なぜ疲労骨折が起こるのか

疲労骨折(ひろうこっせつ)は、一度では骨折に至らない程度の応力が、骨の同一部位に繰り返し加わることにより発生する骨折である。また、この骨折は女性運動選手の3主徴とされる、骨粗鬆症、無月経、摂食障害の徴候とされている。

同じ運動をしていると体の一部に負担がかかり続けて疲労骨折になってしまい場合があります。

通常の骨折とは異なり、骨に小さなヒビがいくつかある状態を疲労骨折と言います。

 

僕の場合、疲労骨折に至った原因は3つ。

1つ目は村上・笹川流れ国際トライアスロン大会ロードバイクを全力で40km走ったこと

2つ目は翌週に46kmランニングしたこと

3つ目は新潟シティマラソンをオーバーペースで走ってしまったことです。

 

この3つのことが左膝に負担をかけ、疲労骨折を招いた原因と考えられます。

 

疲労骨折するとどんな生活を送ることになるか

まずまともに歩けなくなります

左足に体重をかけただけで激痛が走るので、ひょこひょこした歩き方になってしまいます。

 

辛いのは階段の上り下りや車に乗るときです。

上下の運動は一旦片方の足に体重が乗るので、かなりの激痛が襲ってきます。

思わず「痛ってぇ~」と声が漏れてしまったことも。

 

その他仕事でお客様の前で屈んで説明することも出来ませんでしたね。

とにかく寝るとき以外はずっと痛いです。

 

疲労骨折したらどうしたらいいか

近所の整形外科に通い疲労骨折と診断を受けました。

その際、左足に巻くテーピング、湿布、痛み止めを貰いました。

あと運動は避けるようにし、1週間程様子を見てまた病院に来てくださいとのこと。

 

疲労骨折ではギプスを巻くことはせず、軽いテーピングで患部を固定するだけだそう。

看護婦さんに巻いてもらったときはうまく固定できたのですが、翌日からいざ自分でやろうとするとずり落ちてきてしまいました。

人生初のテーピングはなかなか難しかったです。

 

痛み止めは一日3回、食後に飲むだけ。

 

あれだけ激しかった痛みも、テーピングと痛み止めのおかげで日常生活は問題なく送れる程度に落ち着きました。

 

全快するまで1週間以上かかりそう

1週間程度は安静にと診断を受けた僕ですが、毎日10km以上走っている習慣がストップになってしまったので、体が疼いて仕方ありません。

 

つい今日、10km走ろうと試みたのですがダメでした。

2kmまでが痛みもなく走ることができたのですが、そこから徐々に左膝に痛みが出始め、途中で怖くなり、歩いて帰ってきました。

 

当分は毎日10kmはお預けのようです。

 

故障することの怖さ

フルマラソンをしているときは高タイムで、多少の足の痛みは無視して走りぬきました。

しかし日常生活に戻ってみると、普段の行動が全然できないことにかなりの不便さを感じました。

今までできたことが急にできなくなる怖さとこれがいつまで続くんだろうという不安だけが残ります

 

幸い疲労骨折という(たぶん)程度の軽い故障なので、そこまで大きな不安は今ではないのですが、感じたことのない激痛があったときはそんな気持ちに襲われました。

 

体を思いやる気持ちも忘れずにこれからも走っていきたいですね。

それではまた!

 

この記事を読んだあなたにオススメな記事

フルマラソン後、人生初の疲労骨折☆

28分のタイム短縮に成功!!【新潟シティマラソン2016】でフルマラソンしてきた!! 

フルマラソンをオーバーペースで走るとどうなるか

ロードバイク経験3ヶ月でトライアスロンに出た話【村上・笹川流れ国際トライアスロン大会】