走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

運動を習慣化し最強の肉体を手にいれる方法

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20161015230754j:plain

左ひざの疲労骨折で絶賛療養中の僕です。

 

自分の体の弱さにいよいよ怒りがこみ上げている今日この頃ですが、みなさんいかがお過しでしょうか。

左ひざの痛みがだんだんと引き始めているので、復活した際にはもう一度体を鍛えなおそうと思っています。

 

筋トレ嫌いでしたが、筋トレもやります。

 

苦手分野を克服し、習慣化する方法

・毎日やること。

・マニュアルに頼りすぎないこと。

・記録を取ること。

この3つです。

 

1.毎日やること

筋トレに関しては毎日やると逆効果ですが、何らかの形で毎日触れ続けることが大事です。

例えば週に2回や3回と決めてやると、どうしても休みの期間で気持ちが中だるみしてしまいます。

また休んだ分だけ、感覚を取り戻すのに時間がかかります。

 

素人はしのごの言わずとりあえずやれ!

最初はやった分だけのリターンは必ずあるはず。

やらないうちから休むことばっかり考えるべからず。

 

2.マニュアルに頼りすぎないこと。

トレーニングを始めるときって誰しも「方法」を調べたりするはずです。

ベンチプレス何回を何セットやって、超回復のために2,3日体を休めなければいけないとか。

 

確かにマニュアルに従ってトレーニングすることは効率的にいいかもしれません。

しかしマニュアルに沿ったトレーニングってつまらないんですよね。

やらされてる感をどうしても僕は感じてしまいます。

 

最初は何でもいい。

自分の思った通りのやり方で失敗を繰り返した方が、自然と自分の体に方法が身についてくるものです。

 

3.記録を取ること

やったらやりっぱなしでは長続きはしません。

数値で記録を取ることが大切。あと筋肉の写真を撮ることもモチベーションを上げるために重要かもしれません。

自分が何をどのぐらいやってきたか一目見てわかるってのは大切です。

 

一年間毎日10km以上走ってきた僕ですが、毎回走るたびにアプリを使って記録を取っていました。

それをネットでアップすることでSNSでフォロワーが増えました。

毎回測るタイムで自分のいるレベルがどの位置にあるのか確認できますし、タイムが悪ければ体調を確認するきっかけにもなりました。

 

とにかく記録を取ることは超重要。

そして取った記録は周りに拡散させるのが吉。

 

ランニングから学んだ継続の方法

毎日10kmランを休まず390日続けてこれた継続の方法は上記の3つです。

これらを筋トレに当てはめることができますし、その他継続したいことがあればそれらすべてが当てはめることができます。

 

理屈で考える前にまずはやれ、っていうのが僕のモットー。

やってみて上手くいかなくて、そこで初めて調べてみるっていうのが正しい手順ですね。

 

ランニングを始める前の僕は、何かを始める前に必ず完璧なマニュアルを探してからチャレンジする傾向にありました。

早々に壁にぶち当たるわけですが、そこでまたマニュアルを探そうとして結局動くことができずやめてしまったり。

もうそんなことがほとんどでした。

 

体力がないうちは考える力もないわけです。

頭動かす前に体動かせ!

 

脳筋的発想かもしれませんが、今の僕にはこれがベスト。

左ひざが完全に復活したら肉体づくりを始めていきます。

それではまた!