走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

ロードバイク購入から2ヶ月で揃えたアイテム

ロードバイク

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

https://www.instagram.com/p/BI9Qd7Eh-6X/

タイトル通り、ロードバイク購入から2ヶ月が経過しましたので、今まで揃えたアイテムをまとめてみました(画像はイメージです)。

後半ではレースに出場するためのアイテムもまとめてあります。

それではいってみよう!

 

空気入れ

PWT FP01 ツインヘッドクレバーバルブ搭載 ゲージ付きフロアポンプ 仏式/米式/英式対応 空気入れ 【カラー:マットブラック】

 

これがないとタイヤに空気を入れることができないので。

ロードバイクをするための必須アイテム。

 

ヘルメット

OGK KABUTO(オージーケーカブト) FIGO[フィーゴ] M/L ブラック

 

頭を守るための大事なアイテム。

ロードバイクに乗っていてレーサーとすれ違ったときにヘルメットをしていないと挨拶されない、と店員さんに言われました。

あとレースに出るためにヘルメット装着は義務付けられています。

 

バイクスタンド

MINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド [DS-30BLT] 折りたたみ式 ブラック

 

室内でバイクを保管するために購入。

後輪が地面に触れなくて済むのと、バイクを固定しておけるので便利。

 

ケーブルロック

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ダイヤルコンボワイヤーロック [パスワード自由設定型] コンパクト自転車錠 全長650mm 断面径12mm DKL101-BK

 

ロードバイクの何が一番怖いかって、盗まれるのが一番怖いのです。

遠出の際にコンビニなどに立ち寄るかもしれないと思い購入。

しかし購入から2ヶ月が経ちましたが、特に遠出する機会もなく、当然ケーブルロックが活躍した機会もありません...。

もう少し経験を積んで、遠出をするようになれば必然的に使用のチャンスはやってくる、はずです。

 

ペダル

【Ludus Felix】自転車ペダル アルミペダル サイクリングバイクペダル ロードバイク クロスバイク (青)

 

ママチャリしか乗ってこなかった僕にとって、ペダルは自転車についてくる付属品の1つだと思っていました。

ロードバイク購入の際にペダルは別購入になることを知ったときは「なぜ?」と思ったものです。

 

のちにビンディングペダルというロードバイク専用のペダルの存在を知り、さらに奥深さを知ったのでした。

まずはお試しでランニングシューズでもこげる通常のペダルを購入。

 

ボトルケージ

ELITE(エリート) PARON RACE SKIN BLK/YEL FLUO

 

走行中に喉が渇いたとき、ボトルケージに飲み物を入れておくことでいつでも水分補給が可能になります。

真夏の炎天下の中、自販機で購入したジュースを飲みながら走ったのも今ではいい思い出のひとつ。

 

 

レーサーパンツ

サイクルパンツ ハーフ レーサーパンツ 3D立体パッド付 レーパン ロードバイク クロスバイク 自転車 サイクリングパンツ サイクリングウェア メンズ レディース 【WL Products】CRP433 (ブラック×イエロー, M)

 

 

股間のもっこり伊達じゃない!ってね!

そうではなくて、レーサーのお尻を守るための奇跡のパンツ。

ロードバイクを乗りたての頃は尻が痛すぎて、毎回おっかなびっくり乗っていたのですが、一ヶ月前ほどに思い切って購入。

最初はレーパンを履くことに抵抗があったのですが、今では恥ずかしさも薄らいでいます。

尻の激痛に比べればレーパンのフォルムなんて...。

 

店員さん曰く、「レーパン履かずにロードバイクに乗るなんて自殺行為ですよ」だそうです。

 

これさえあればだいたい問題なし。しかしレースでは...

上記のアイテムを揃えて2ヶ月ロードバイクに乗りました。

基本的には全然楽しんで乗ることができています。

 

しかし今月末に出る村上トライアスロンではもう少しアイテムを新調する必要があるようです。

 

右も左もわからないまま、とりあえず必要な道具をHPで確認し、他に必要な道具はないかと公式委員会にメールをしてみました。

 

フロントジッパー付きのウェアを着用するのであれば、フロントジッパーを下げずに競技してください。
レースウェアは練習で使用しているバイクジャージでも構いません。

サイクルコンピュータはあった方が良いと思います。ビンディングをつけるのであれば 
専用の靴とクリートとよばれるものを装着する必要があります。競技者のなかには
ランニングシューズでバイクに乗る方もいらっしゃいます。

最後にバイクボトルを持ってください。バイクボトルを持つ場合はボトルケージに入れてください。
ペットボトルは禁止です。走行中に落ちて踏みつけ、転倒の危険性があります。

 

↑ウェアの細かな規定確認と他に必要な道具はありますか?という内容の返信。

 

最低でもバイクウェアは今後必要になってきます。

あとサイクルコンピュータバイクボトルですね。

 

とにかくロードバイクはお金がかかる!

それでも乗ってると楽しいからしょうがない!

 

アイテムを早めに揃えて月末のレースに備えたいと思います。

それではまた!