走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

雨の日走るのがキツイ?それよりもキツイ日がありますよ

ランニング

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20160820215946j:plain

いつも行っている美容室さんでのお話。

 

店「聞きましたよ〜、毎日10キロ走ってるんですか?すごいですね。」

僕「いやいや全然もう普通になりましたよ。」

店「雨の日とかも走るんですか?」

僕「そうですね、普通に走りますよ。」

店「ほんとにそれはすごいですね。」

僕「いやいや〜」

 

そんな話をしました。

僕自身はもう毎日走ることが日課になっているので、雨の日に走るなんて全然苦ではなくなっています。毎日走ることで最も辛く感じるのは、雨の日に走ることではありません。

その例をいくつかご紹介させていただきます。

 

寝不足の朝5時半に起きて走ること

仕事がある日は毎朝5時半に起床して走りに行くのですが、僕は夜型でもなければ朝方でもない、中間型のタイプの人間なので、実は早朝に起きるのがめちゃくちゃ苦手です。

一回5時半には起きるものの。アラームを止めて再度6時に起きてまたアラームを止めて...。最終的に6時半ギリギリに走るのが今のスタイル。寝ぼけたままなので寝癖はボサボサ、その上にキャップをかぶって走るスタイルです。ストレッチとかは一切せずに、とにかく朝弱いからその場で起きてすぐに走らないと会社に間に合わないって感じです。

 

深夜に走るとき

朝起きれないときには夜走ります。仕事をして家に帰ってきた後にご飯を食べて一服してから走りに出るのですが、これがまた非常にだるいんです。

お腹がいっぱいの状態で眠気もある状態でかつ夜中の11時過ぎ位に走るのが僕のスタイル。お腹はいっぱいで体は重いし眠気がすごいのでスピードが出ません。

音楽を聴いてテンションを上げながら走るも、やっぱり眠気と満腹感にはかないません。

※ご飯を食べる前に走れればいいのですが、サラリーマンの空腹感に勝てたことがありません。

 

真夏の昼間のラン

朝も起きれずに夜も用事がある時、僕は昼間走りに出かけます。最近はすごく気温が高いし、晴れの日が続くので正直、頭痛がある状態で走ることもたまにあります。

最近は1時間越えをして10km走ることも稀にあるのですが、その時は大抵暑さにやられて、頭痛が激しすぎる時に歩いて帰ってきたりもします。

 

二日酔いの翌日

二日酔いの翌日は本当に辛い。

体がだるいのと胃の調子がマックスに悪いので、走るたびに重たい胃が上下に揺れる感じがまた何とも言えません。

アルコールが大量の汗とともにデトックスされる感じがたまらなく気持ちいい感じがするのですが、それで胃の不快感を拭いきれるはずもなく...。とにかく早く走り終わって水分補給をしたい。その一心で走り抜きます。

 

猛吹雪の日

ワークマンの作業着でガッチガチに防寒を固めた状態で今年の冬は走りきりました。

寒さで手と耳と足がちぎれそうになりながらも、毎日10kmを走り切った達成感は半端ではありません。

雨の日と猛吹雪の日。比べれば雨の日なんて可愛いもんですよね?

www.hashirutori.com

 

辛くても走った後は気持ち良い

天候が悪かろうと、寝不足だろうと、二日酔いだろうと、とにかく毎日走ります。

走り始める前は気が重く、正直走るのをためらってしまうときもありますが、走った後の爽快感はいつも変わりませんね。

 

走ることを日課にしてしまえば、雨の日に走るなんて訳ありません。

雨の日に走ることで得られる爽快感もまた良い!ってな感じです。

 

それではまた!