走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

子供の頃の純粋な気持ちを忘れてしまった大人のただの日記

ブログ

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20160815215751j:plain

※今回はただの日記です。

 

お盆になって帰省ラッシュが始まり、僕も例にもれずに実家にお墓参りに行ってきました。実家を出てから半年以上が経ち、家族に会う頻度が当然減りました。

久々に会っての近況報告、そしてお墓参りの後にはみんなでご飯をお酒を飲む。

前までは家族団欒で食べるご飯が苦手だったのですが、年が経つにつれそんなことも平気に思えるようになったので、大人になるってこういうことなのかなとしみじみ感じたりもしました。

 

話は変わって、最近新しいことにチャレンジすることがかなり減りました。新しい映画を観るとか新しいものを買うとかそういうたまにあるのだけれど、何かを始める気持ちが以前よりも衰えてきたように感じます。

毎日ボールペン字練習をするとか、毎日ストレッチをするとか。前まではあえて何かに挑戦する機会を作っていたのだけれど...。365日連続ランもあとわずかで終わるというのに、その後のプランが僕にはあまりありません。

 

僕の性格上、他人に何かをやるよう指示されても、絶対に長続きはしない。

自分のやりたいと思うことは自分で見つけなければ、長続きしないのです。

だからこそ自分が何をしたいのかって言うことを最近すごく考えていたりするんです。

 

話は戻って家族の話。

毎年家族や親戚と会うときの感覚が、子供の頃の感覚とは違ってきています。

子供の時に感じていた感覚は、ただ遊びに行っておいしいご飯を食べてそして帰っていく。今感じているのは近況報告をしたり、何かの情報共有しなければなんていうどこか固い感覚で向かっていることに気づきました。

別に悪いことでは無いしそれそれで大切なことだと思います。居心地も良いし。別に悪い気はしない。

 

ただ子供の頃の純粋な気持ちというものは、大人になるごとにすり減ってしまうんだろうなと実感しています。

 

純粋に何かを楽しむことはとても難しい。子供の頃は自然と見つけて自然とハマってのめり込んでいて、何も考えずにただ楽しいことをやっていたような気がするんですが、最近徐々にその感覚を忘れていってしまうのが怖いです。

 

メリットもデメリットも考えずにただ楽しむ。それが僕の未来、生活を豊かにするだろうと思うのですが、なかなかどうしてそんなものを見つけることが容易では無いことをわかっています。

アレをすれば人生が変わるとか、コレをすれば劇的に生活が変化するとか、そんなものばかりを追いかけてしまうんですが、そんなもの待って夢物語にしか過ぎないのかもしれませんね。大事なのは何でもチャレンジして何でも失敗して何でも成功に変えていく、そんな精神力が僕には必要なんだと思います。

 

ぐだぐだですがそんな感じ!

それではまた!