走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

毎日10kmランニング×300日

ランニング ランニング-まとめ

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20160706190432j:plain

毎日10km走っている僕です。

今日で毎日10kmランを300日達成しました。

達成するまでは300日連続で走るなんて夢のようだと思ってはいましたが、やっぱり

『やれば慣れる』

継続した結果はこの一言に尽きると思います。

 

そりゃ毎日走っていれば調子のいい日、悪い日は当然に存在します。雨が降っていたり眠かったりすれば「今日はちょっと...」と走ることが億劫になったりもします。いくら口では走るのが好きだと言っていても、気分が上がらない日はどうしたって上がらないものです。

それでも僕が毎日走る理由は、365日毎日走り続ければ何かが劇的に変わるんではないかと思っているからです。

 

www.hashirutori.com

 

毎日走り続けることは難しいようで、簡単なようで、実は難しいです。ふとした気の緩みで継続が絶たれてしまうなんてことは誰もが経験したことだと思います。毎日早起きする、毎日読書をする、毎日ブログを書く。どれもチャレンジしては断念していった継続ばかりです。

それでもたった1つだけ諦めたくないなと思ったのが10kmランです。

体力が増えるとか健康的になるとかいったメリットを感じて走っているわけではありません(もちろん最初は意識していましたが)。単純に走ることは人生を変える行為だと思っているのです。

 

 

ランナーズハイという言葉は知っていますか?

肉体的に限界ギリギリまで追い込んだときに脳内でエンドルフィンという神経物質が分泌され一時的にはハイになる状態のことです。僕も長く走っているのでこういった状態は何度か体験しています。その際に考えることは周囲の人への感謝であったり、未来への期待であったりします。それはとても不思議な体験です。

走っていてもダルいなしんどいな、だけでは到底続けてこれませんでした。しかしある種の神がかった状態で感じる、なんとも言えない高揚感だけは忘れられずに走っているのです。

 

ちょっと中毒者みたいな表現になってしまいましたが、走る行為は体力作りだけではないもっと深い経験を僕に与えてくれたような気がします。でなければバカみたいに毎日10kmなんて距離は走ることは不可能です。人間、続ける理由がなければ続かないのが道理なのです。

 

365日連続ランも残り65日。2ヶ月ほど走れば一年間の継続が達成されます。こんなに続けてきたことはスポーツ以外でも人生の中でないと思います。振り返ってみれば三日坊主がほとんどで、よく言う熱しやすく冷めやすいタイプでした。

続けられた理由は10本の指で数えられるくらいにわずか。それ以上にやめる理由・やめたい理由は数多く存在したのも事実です。特に冬の猛吹雪の中で、しかも朝の5時に起きて走ったときはもう自分でも笑っちゃうくらいに何やってんだろうって思いました。しかし同時に走ってる自分すごいなとも思ったんです。

 

たかだか走るだけで自分に自信が持てるなんて。これは走り続けてわかったランニングのメリットですね。

 

つらつらと書いてきましたが、ランニングのことになると書くことはほぼ決まってしまっていて、いつも同じことを書いてしまっているような気がします。特にタイムを狙って走っているわけではないので、速く走れる方法とかも書けませんし。ランニング後もストレッチも一切せず、筋力トレーニングはやったことがありません(懸垂除く)。

 

純粋に走ることだけを続けたら人はどうなるのか。

記録はなく、何が起こるのか、どう人生が変わるのか。

 

65日後、きっと何かが変わることを信じて、また走り続けます。

それではまた!