走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

人生迷ったらシンプルに生きればだいたいうまくいく。

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

シンプルな人は、うまくいく。

1まわりの人に気を使って、疲れる人。

2.決めたあとに、あれでよかったのか、迷う人。

3.ゴテゴテを卒業して、オシャレになりたい人。

1〜3に当てはまる人はいますぐ『シンプルな人は、うまくいく。』を読んでください!!

 

 

シンプルになる方法

ダサい服は捨てる。

これはもうすでに実践していることですが、僕はクローゼットの中にある着なくなった服はすべて処分しました。1着6万円したコートですら、1年着なかったのでこの間古着屋さんで売り払ってきました。その他、なんとなく着てこなかった服、今のセンスにあわない服はすべて処分しました。

結果どうなったというと、特別何かが大きく変わったということはありません。ただ以前まで感じていたクローゼットのゴチャゴチャ感が一気に軽減されました。また服を選ぶ時間が一切ないので出かけるまでの時間も大幅に短縮することができました。

まずは出来ることから始めよう。その第一歩が服を捨てることでした。簡単にできますし、捨てた後のなんとも言えない爽快感、大切なものだけ残してある今の状況がとても心地よいのです。

 

体験をすると、持ち物は減る。

出張や旅行に出かけるたびに大量の荷物を持っていくのが常でした。大きな荷物を肩に背負って長い道を歩くのは骨が折れます。旅に頻繁に出かける人の荷物はとてもシンプルですよね。わざわざ自宅からドライヤーやお気に入りの枕は持っていかないものです。経験上、無い方が旅を楽しめることを知っているからです。

以前までは書籍、メモ帳、パソコンなどカバンにかさばる物を持って出かけていました。今ではタブレット一台で済ませています。シンプルかつ軽量で、移動がスムーズにできるので旅の快適さがぐんと上がりました。

旅の達人はカバン1つでどこにでも行けるものです。僕はまだその域にまで達してはいませんが、いずれそうなれるよう多くの体験をしていきたいものです。

 

 

相手が酔ったら帰る。

出来る人は二次会には絶対出ない。とよく本で見かけることはありますが、新基準として相手が酔ったら帰るを実践してみたらいかがでしょうか。酔っ払うと神経が麻痺して耳が聞こえづらくなるものです。相手の声が聞こえなくなるから何度も聞き返しますし、自分の声も聞こえなくなるから必要に声が大きくなる。

思考も麻痺っているし、こんな状態では良質な会合はできず、時間の無駄になってしまうでしょう。

楽しく身になる会話が出来ていればいいのですが、相手が酔ったら帰りましょう。また自分も酔いが回っていると感じたら帰宅するのが得策ですね。

 

生活に、規則的なリズムを持つ。

毎朝5時に起きて走ることを日課にしています。ランニングが生活に刻まれているので、毎日続けることは苦ではありません。しかしたまに寝坊をしてしまうことがあります。そうするといつものランニングが少し難しくなってきます。

仕事が終わってクタクタになっていて、しかも眠たい。そんな状態走るといつもよりテンションはやや下がります。

継続するシンプルなコツは毎日同じ時間に同じことを続けることですね。自分に負けてつい怠けてしまうことがありますが、今後は気をつけていこう。

 

さっさとやろう

シンプルに生きるコツはさっさとやること。無駄を削いで必要なことだけを徹底的に、淡々とこなすだけ。これさえできれば大抵のことがうまくいく、はず!

シンプルな人は、うまくいく。

シンプルな人は、うまくいく。