走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

24歳サラリーマンが路上ライブやってみた

音楽

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

https://www.instagram.com/p/BD-cI0-piNJ/

路上ライブやってみた!

 

「人が集まったらどうしよう」

「警察が来たらどうしよう」

「ファンの子ができちゃったらどうしよう」

 

そんないろんな「どうしよう」もすべては自意識過剰。人は流れるように去って行きました。嬉しいかな、いや悲しいかな...。

 

むしろそんな状況だったからこそ最初は緊張していましたが、最後は達成感に包まれました。
歌った曲は3曲だけでしたが、とても楽しかったです。
 

やりたいことをやる習慣

絶対に叶うはずないと思っていたカラオケ以外で人前で歌うという行為が昨日実現した。夢が叶った瞬間でした。
やらなければ絶対に分からなかった力不足、緊張感、恥ずかしさ、楽しさ、達成感。一度経験があるかないかで、全く違ってくる。
 
歌い終わった後、その感覚が一気に襲ってきた感覚。高揚感が未だ抜けきっていません。
 

やりたいことをやり続ける

路上で歌うという経験を経て、やりたいことをやるというハードルが一段下がった気がします。やったらどうなるんだろうとかいう不安よりもまずはやってみる。
 
あまりにも楽しすぎたので夏にまた開催します。その時は告知して、人をある程度集めて、曲数も増やして演奏する予定。
 
たぶん次やる時はあまり緊張しないでしょう。「歌が下手」というコンプレックスも羞恥心も出てこない。もう本番を楽しんで、全力で歌うことこそが至福。そんな感じでライブしたいと思います。
 

何度も言うけど

やる前とやった後では感覚が全然違ってくる。路上ライブに限らず、今までくすぶっていた「やりたいこと」を今一度ピックアップしてどんどん行動に移していきたい。
 
最後に、僕の思いつきかつわがままなお願いを聞いてくれた土屋さんに感謝します。
また夏のライブの日までに喉と身体を鍛えておきます!
 
それではまた!