走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

引き寄せの法則を勉強してわかったこと。感情つきでイメージしよう。

引き寄せの法則

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える
 

社会人になってからいろんなことがうまくいかずに、落ち込んでいたとき。引き寄せの法則という存在を知りました。

簡単に言えば、人はイメージした通りの人生を歩んでいる、イメージしたものは必ず現実になる。イメージしたものは必ず引き寄せられるというもの。

 

 

その魔法の言葉を知ってから、多くの本を読んできました。

 

ニュー・アース

ユダヤ人大富豪の教え

夢をかなえるゾウ

7つの習慣

嫌われる勇気

etc...

 

できる人の習慣術など、コッテコテの自己啓発本も大好物なので上記以外の本は今でも読み漁っています。すべての本に共通するのはいずれも「引き寄せの法則」を重要視しているということ。

 

それらの本から学んだことは、成功には必ず原則が存在するということです。

 

 成功をイメージする

イメージなくして成功はありえない。言葉で「金持ちになるぞ!」ということもまぁ大切なのですが、言葉で自分を奮い立たせるよりもやはりイメージすることが重要。

 

イメージの方法は実際に成功した自分を想像すること。

お金持ちになりたければ、自分がお金持ちになってどうしているかをイメージする。どんな家に住んでいるのか、車は、ファッションは、具体的に成功像を固めていきます。

 

僕も言葉でのアファメーション(お金持ちになるぞ!など繰り返し唱える)を行ったり、「自分は本当はどうしたいか」と問いかけてみたり、いろいろ実験的に行ってきました。

いずれもうまく引き寄せの効果は得られませんでした。

 

やっぱり引き寄せなんて嘘じゃねえか!と思いながらも、もはや藁にもすがる思いで人生を本気で変えたいと思っているので、ひたすら引き寄せについて調べました。

 

引き寄せ関係で有名なのが『ザ・シークレット』。その中で述べられているのは、成功のイメージすることは大切だけれど、一番大切なことは成功したそのときの感情をイメージすることが最も重要なことだと述べられています。

 

お金持ちになりたければ、自分がお金持ちになっている状態を想像し、そのとき自分がどんな感情でいるのか具体的にイメージしなければいけない。

その感情が楽しいとか嬉しいといったプラスの感情であれば引き寄せの法則はプラスに働いていきます。

 

なって当然という意識を持つ

ご飯を食べることは当たり前。

歯を磨くことは当たり前。

毎日寝ることは当たり前。

 

みなさんが当たり前だと思って行っている行為も実は引き寄せの法則が働いています(本当かよ)。当たり前だからこそ、できないという状況が想像できない。「明日歯が磨けなかったらどうしよう」と不安に思うこともないはずです。

そんなやって当たり前のことができなくなるなんてことはまずありえない。

 

これを自分の成功に結びつけるとこうなります。

 

お金は自動的に入ってくるのが当たり前。なんの苦労をすることもなく、毎日銀行に振込みが入ってくる。

 

これを歯磨きを行う感覚で、当たり前の感覚になるまで何度もイメージします。イメージするときは必ず感情つきで。朝、銀行に10万円振り込んであったらどんな気持ちになるだろうか。その10万円を使って何をしようか、などなど。

 

潜在意識レベルで「お金持ちになる」とイメージすることで人生はガラリと変わっていきます。

 

イメージを続けると行動が変わる

海外映画が好きな僕はよくDVDを借りて映画を観ます。好きなジャンルはアクション。一流スパイが活躍する映画が大好きです。

そこでよく出る高級車がアウディ。きらびやかな黒ボディに四つ輪のロゴマーク。

 

「かっこぇえ、いつか乗ってみたい。」

いつしか僕はアウディに乗ることが夢になっていました。

 

 

結論から言うと僕はアウディにまだ乗っていません(苦笑)。

ですが、将来アウディに絶対乗るぞ!とイメージし始めたら周りの景色が一変したのです。

 

車を運転しているとき、いつもは何気なく見ていた周りの車たち。その中でアウディを見かける頻度が増えていきました。いや、今までとすれ違う回数は一緒だったのかも知れませんが、明らかにアウディを意識して見るようになったんです。

それからは駐車場に停めてある車や、対向車、前に付いた車、映画で出てくる高級車など様々なシーンで意識するようになり、アウディを見かけるたびに「あ、アウディだ。かっこいい」と思うようになりました。

これも一種の引き寄せで、今まで気づかなかったアウディという存在を自分にとってもっと身近な存在に引き寄せたんだと思います。

 


まとめ ー 終わりを思い描くことから始める ー

まだまだ引き寄せの法則は勉強中で実験中。ですが様々な本を読んだり、思考を巡らせてわかったことがあります。

それはイメージすることが最も重要だということです。

 

お金持ちになりたい、何かで成功したいという人は僕を含め大勢います。ですが、成功する人たちは極少数。成功する人とそうでない人との差は一体なんだろうか。

 

それは圧倒的に成功をイメージできているかどうかです。

 

まぁ一概にこれだと理由を決めつけることはできませんが、成功を目指しているのにもかかわらず成功できていない人は決まってマイナスの言葉を吐いています。

頑張っているけど報われないとか、どうせ自分には無理だとか。成功者から絶対に出てこない言葉を出している限りは当然成功なんて夢のまた夢。

 

引き寄せの法則は「ポジティブになれ!」という無理やりな法則では決してありません。常に意識を自分が欲しいものだけに集中し、イメージする。たったそれだけです。

イメージはなんども言いますが、嬉しいや楽しいといった感情つきで行います。

 

イメージができていないのにがむしゃらに努力をすることは危険な行為です。

目的地がわからないのに走り続けてもその努力は徒労に終わります。地図が間違っているのなら到着する目的地もまた違ってくるのです。

 

七つの習慣の一つに、終わりを思い描くという習慣があります。

これは成功を目指す人にとっては最重要課題の一つだと僕は思っています。

 

自分が将来どうなりたくて、今何をやっているのか。それがわからないまま走り続けることはとても怖いし危険。しかし目的地が明確であればペースを調整することもできるし、自分が何をやらなければいけないのかがはっきりわかる。

 

暗闇でもがいている人はまずはイメージすることから始めてみてください。

僕も一緒にやっていきます。それではまた!

 

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

 

 

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

 

 

夢をかなえるゾウ 文庫版

夢をかなえるゾウ 文庫版

 

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

  

ザ・シークレット

ザ・シークレット

  • 作者: ロンダ・バーン,山川紘矢,山川亜希子,佐野美代子
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/10/29
  • メディア: 単行本
  • 購入: 47人 クリック: 1,719回
  • この商品を含むブログ (183件) を見る