走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

1分間で人生が劇的に変わる!本気で変わりたい人の行動イノベーション

読書 読書-書評

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

本気で変わりたい人の行動イノベーション

『嫌われる勇気』で有名のアドラー心理学を元に書かれた本。毎日たった1分で人生を劇的に変えることができるかも、というのがこの本の主題。

 

行動できない原因は無数にある

目標を設定しても途中で挫折してしまうという人。
挫折を繰り返すたびに「自分はなんてダメなやつなんだ」と思うようになり、自分を嫌いになってしまう。
そんなときは自暴自棄にならずまず頭で考えてみましょう。
行動できない原因は「自分がダメだから」ではない。行動できない原因はそんな単純なものではなく、無数に存在するのです。
 
例えば毎日勉強をしようという目標を決めたとしましょう。
最初の一週間はモチベーションも高く、休むことなく勉強を続けることができた。しかし2週、3週と日を重ねるにつれ、仕事やプライベートの用件が重なり、次第に勉強にさける時間が少なくなってきた。
そして「今日ぐらいは...」とつい自分を甘やかしてしまい、勉強をサボりがちに。
 
一見ただサボっただけに見えますが、実はサボるという結果に至るまでに様々なプロセスを経過しているのです。
そのプロセスを知るには3つの声を聞く必要があるのだそう。
 
それは頭の声、体の声、心の声です。
 
頭の声
・勉強をやらなければいけない。
・サボってはいけない。
など
大勢の人がこの頭の声にばかり気をとられがちなのだけれど、実際には体の声、心の声に耳をすます必要がある。
 
体の声
・今日は体調がすぐれないから休みたい
・眠気があるから寝ていたい
 
心の声
・モチベーションが上がらない
・仕事で疲れたから今日は休みたい
 
 
大切なのはまずは体と心の声を聞くこと。
人は、「自分が本当にやりたいことならいくらでも頑張れる、続けられる、成長できる。」
どこかで無理が生じるのは、大概は体と心の声を無視してしまっているからなのです。
 

アドラー流、幸福の条件

自分を受け入れていること
他者を信頼していること
他者に貢献していること
 
これが幸福の条件である。この条件を踏まえた上で本題である行動イノベーションを実行していきます。
先ほど述べた頭・体・心の声をしっかり聞いて、そんな自分を受け入れる必要があります。
 
 
 

1分でできる人生を劇的に変える方法

朝起きてからの10分以内と夜眠りに就く前の10分以内に「本当はどうしたいか?」といつも、自分に問いかける。

それが人生を劇的に変える方法です。

 

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、繰り返していくうちに自分が本当にやりたかったことが見えてくるのだそう。朝と夜にやる理由は、脳が一番思考しやすい時間だからです。

大切なのは本当はこうしたいという答えが、たとえどんなにくだらないものやちっぽけであっても、否定しないこと。
 
自分の「欲望に素直になる」ことで今までとは違った変化が起きてくるのです。
 
上記の方法をセルフトークといって、50秒の時間を使います。
では残りの10秒で何をするのか。
 
次に行うのは10秒アクションです。
第一のステップで考えた「本当にしたいこと」を実行に移します。
例えばあなたの本当にしたいことが仕事を辞めてハワイで過ごすことだとします。残りの10秒はハワイで過ごすためのアクションを起こすのです。
ハワイに行くための本を検索したり、すでに買ってあったハワイの本を取り出すことも、ハワイで過ごすためのアクションです。
10秒でハワイに行くことはできませんが、ハワイで過ごすための最初のステップに進むことがこの10秒アクションです。
 
この1分間の習慣を毎日繰り返すことで人生に劇的な変化をもたらすことができます。
 
 
たった1分でなぜ人生を変えることができるのか。
それはどんな大きなチャンスや偉業にも必ず最初のステップが必要だからです。
 
意中の人と付き合いたいと思い、実際に付き合うためにはいくつものステップが必要です。
あの人はどんな人がタイプなのだろうか、
好きな料理は、
嫌いな料理は、
デートの場所は、
いつ連絡をしようか、など。
いろいろ考えるのが第一のステップです。
第二のステップでは好きな人に近づくために行動してみます。ラインで連絡を入れることもそうですし、好きな料理を調べ、好みのお店を探すことも第二のステップに含まれます。
 
「本当はどうしたい?」これだけを問いかける。
 そして頭の声ではなく、まずは体の声、心の声から「欲望」を聞く。
とにかく続けてみる。 
 
1分間行動イノベーションはひとりで行えるメリットと、1分間という短時間で行える
のがメリットです。
 
 
「ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」というイチローの名言があるように、毎日の小さな積み重ねがある日とんでもない結果に結びつくことになるんです。
 
良い習慣は良い結果をもたらすという至極当然の法則。
逆に悪い習慣は悪い結果を引き寄せます。鬱病になる方法はため息を繰り返すことだそうです。
 

1分間行動イノベーションまとめ

・朝起きてからの10分以内と夜眠りに就く前の10分以内に「本当はどうしたいか?」といつも、自分に問いかける。
 
・10秒アクションで「本当にしたいこと」を実行に移します。
 
きっと人生が変化するはずです。僕も今日から朝起きたときと寝る前に実践していきます。効果が出ればいずれこのブログでもまた紹介します。
それではまた!
本気で変わりたい人の行動イノベーション

本気で変わりたい人の行動イノベーション