走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

【成功者の習慣術】オーダーメイドスーツを着る人の成功習慣

読書 読書-書評

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

オーダーメイドスーツを着る人の成功習慣

成功するための鍵はオーダーメイドスーツにあった? 

 

成功者になりたければ成功者の共通点を探せ!

成功者になるためにはどうしたらいいのか。てっとり早い話、成功者に会えばいいのだ。

著者である松井氏は東京のドットテーラーの経営者。

テーラーに足を運ぶ客は成功者と呼ばれる人が非常に多い。数多くの成功者と実際に会って取り引きをしている彼によると、成功者にはタイプは様々だが、共通する習慣が存在するという。

 

成功者の共通点

ありがとうを心の底から素直に伝える
成功者は相手の目を見て、ありがとうを言える人が多い。
そこからつながる人脈であったり、つながりの大切さを知っているからこそ本音を伝えることができる。
 
 
長財布に新券を揃えて入れる
成功者はお金の扱い方が普通の人とは違う。お金に敬意を払い、大切に扱う。
そしてお札は常に新券を揃えて入れてあるという。会計の際に新券を渡したほうが感謝の意が伝わりやすいし、気持ちいいからだ。
お金に好かれる成功者は常にお金に対しての配慮を忘れていない。
 
 
 一流は一流を身につける
ドットテーラーにいつも母親を連れて来店していた青年がいた。
彼の容姿からは明らかに「母親離れできていない子ども」感が伝わっていたそうだ。
しかし採寸をし、一流のスーツを着た瞬間に印象は一変した。
頼りなく見えていた背中が一気に大人の力強さを身にまとったように見えたという。
 
一流は一流を身につける。容姿にこだわる大切さを知っているからだ。
 
 
早起きして朝から活動的に過ごす
成功者は前日に飲み会があろうと、何が何でも毎朝5時台に起きている。
平日だろうが休日だろうが関係なし。
日々のルーティンを決めていたほうが効率がいいことを成功者は知っている。
 
 
必ず電話に出る
どんなに忙しくしていても成功者は必ず電話に出る。それはチャンスを逃さないための習慣。たった一回電話に出れないがために切れてしまう縁があることを知っているからだ。
シビアな世界に身を投じているからこそ、チャンスは必ず掴み取る。
そのための隙を見せないのが成功者なのだ。
 
 
家族を大切にする
仕事以上に成功者は家族を大切にする。家族の時間に仕事は持ち込まない。オンとオフの切り替えが非常に上手い。
確かになんのために働いているのかをもう一度考えてみれば、家族と大切な時間を過ごしたいという気持ちが強い。
そのために仕事はしっかりやる。そしてそれ以上に家族との時間を大切に過ごす。
 
 
持ちもの、着るものにこだわりを持つ
成功者はクールビズを絶対にしない。夏でもスーツを羽織る。しかし夏の暑さを感じさせないほどに堂々としているものだ。
ペンは市販で売っている「書ければいい」といった物は使用しておらず、こだわりのペンを必ず持っている。ハンカチに関してもアイロンがしっかりとかかっているものを常にポケットに忍ばせている。とっさに水をふき取ったりするときに、よれよれのハンカチを取り出していたのでは、成功者の威厳はガタ崩れだろう。
持ち物が人の信用を示すものだということを成功者は知っている。
 
 
決断が早い
成功者は人からオススメされた本をすぐに買う。
すぐに買うというのは、今度書店に行ったときに買うと言った次元ではなく、話を聞いたその場でネットで本を注文してしまうのだ。
成功者の決断は非常に早い。普通の人とは明らかにかけ離れており、迷う必要がないと思っている。
 
本に出てくる成功者は言う。
「疑っても仕方ない。やる前からいろいろ考えても結局推測でしかないから試した方が早い」
 
つながりを大切にする
成功者は異業種交流会に行かない。
うわべだけの人脈作りには意味がないことを知っているからだ。
異業種交流会で多くの名刺を配って回るのは、明らかに成功者のイメージとはかけ離れている。
 
お金の使い方を知る
成功者はモノの本質を知っている。だからこそお金の使い方も常人とはセンスが違うのだ。
成功者たちはなぜ高級車を購入するのか。それは高級車の価値は数年経っても下がらないことを知っているからだ。
 
 

あなたが成功者になれない理由 

「成功する人は坂本龍馬のように世の中を変えたい、世の中のためになにかをしたいという志を持っている」
 
社会に貢献したいという強い意志が根本にないと成功することは難しい。自分一人のために生きていくのは虚しいし意味がない。成功者たちにはそういった根が強いからこそ、働く意思をしっかり持ち成功のプロセスを歩んでこれたのだと思う。
 
今の時代、根を強く持って生きている人がどれだけいるだろうか。
 

 

本の内容は成功者はなぜオーダーメイドスーツを着るのかという話題をフックに、成功するためにはどのような習慣を身につけたらいいのか。実際に著者の松井氏が起業に失敗し、苦労をした生活を乗り越える際に、成功者の共通する習慣を身につけたプロセスが記述されています。

 

とにかく行動を変えるしかない。

成功者になりたければまずは1つでもいいので、習慣を取り入れるところから始めよう。

気持ちを奮い立たせてくれる一冊となりました。

 

オーダーメイドスーツを着る人の成功習慣

オーダーメイドスーツを着る人の成功習慣