走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

【10kmラン163日目】雨の日のランニングは楽しい!?[2016/2/20]

ランニング ランニング-ラン日誌

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20160222090550j:plain

雪に比べたら雨の日に走ることなんて大したことない

大寒波に見舞われた新潟。
そんな日でも毎日走りつづけた僕にとっては、雨の日に走ることなんて全然楽なんです。

 

https://www.instagram.com/p/BCAczPBJiGN/

タイム

10km 55:54

1kmあたり5′35″

 

考えたこと

今日のランは久々の雨。夜に走りに出かけたのですが、気温はそんなに低くなくただただ雨が降り続く中で走りました

 


東京に4日間出張に行く前は、雪の日が多く心身ともに冷え込む中で走っていました。
いくらウィンドブレーカーを羽織っていても、それを貫くほどの寒さにタイムもあまりの伸びず...。

 

今日はそんな雪の日とは打って変わった雨。

 

走り始めた時に「うわぁ、雨って意外と走りやすいんだ」と思いました。

 

雪の日の冷たさ、風の強さ、まぶたに打ち付ける雪、冷え込む手足…。
そんな心配が雨の日であるあれば一切関係なし。

若干ウィンドブレーカーが濡れるとか、靴に水が染み込むとか、雨の日だったらたったのそれぐらいで済んじゃうんです。


雪の日に比べれば雨なんて本当にたいしたことない。

雨だからといって外に出ないのはもったいない。

 

雨の日だからこそ、今日は雨という日を存分に楽しもう、そういった潔い気持ちになることができる。

あの辛い冬の日を乗り越えたからこそ見えてきた、雨の日を楽しむことができるマインド。

 

いつだってどんな時だって走ることを楽しむことができる。
やっぱり走ることって楽しい。

雨の日に走っても風邪はひきません
雨の日に走ったって体はなんともない。

ちょっと雨に打たれてニット帽が濡れる、靴が濡れる、ウィンドブレーカーが濡れる。
でも体にまでは水が染みてこない。
だからこそ雨の日に10km走ったって大丈夫。
冷えた体は家に帰ってシャワー浴びれば元通り。

走り始めてから163日間。大きな風邪をひいたことがありません。
雨の日には走ろうが雪の日に走ろうが嵐の日に走ろうが。


体がきっと休むことを選択しないのでしょう。
どんな時に走っても僕は走ることをやめない自信がある。

インフルエンザにかかったとしても何とか抜け道を探して走りたい。

それぐらい強い気持ちで走ることを続けています。

 

正直モチベーションが下がることだってあった。

でも今日みたいな雨の日に走って、雨の日を楽しく感じる。

そんな感覚が何時から自分に身についたのだろうか。


強くなった自分を自覚できる。
これからももっともっと成長できる。
そういう自覚を持っているからこそ走ることをやめたくない。

天気が悪かろうがよかろうが、走ることは本当に楽しい。