走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

【10kmラン145日目】早朝ランとゆるランのススメ[2016/2/2]

ランニング ランニング-ラン日誌

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

https://www.instagram.com/p/BBP_NP2piEf/

 

深夜ランからの早朝ラン
このコンビネーションには飽き飽きしている(笑)

 

タイム

10km 1:00:43

1kmあたり6′04


なんだかんだ安定した時間で走れないのが今の辛いところ。時間管理をしっかりできる仕事をしたいなと思う今日この頃。
そんなこと言っても仕方ないのでとりあえずひたすらに走る走る。

 

体は重いけれど、体が走り覚えているので自然と体が動きます。しんどい・しんどくないのギリギリのライン、もしくはちょっと走りやすい位のペースで走るとどうしても1時間は超えてしまいます。

 

ペースを調整するのは難しいのだけれど、狙ってタイムを出す時はしっかりと走ることはできるんです。ですが100日以上連続で走るためにはこうしたゆっくりめのペースで続けるのもまた継続力につながる1つの秘訣かなと思っています。

 

ゆるランのススメ

なかなかいいタイムで走ることはできていませんが、ゆるラン(ゆっくりとしたペースで走ること)も捨てたもんじゃありません。

 

ゆっくり走ることのメリットは、体の調子をしっかり把握することと、自分が今何を考えているかを理解すること。


元日本十種競技のチャンピオンである武井壮さんも一日1時間、しっかり自分と向き合うことは後の成長につながると言っています。

 

10kmランも強制的に1時間はかかってしまうので、自分と向き合う時間にはもってこいなのです。


最近考える事は仕事のことばかりだけれど、自分の人生について、どのような道を歩んでいきたいのか。結婚は、お金は、生活は...など考えることはその日その日で様々。

ふと思い浮かんだことを家に帰ってブログの記事にしたりすることで、自分の気持ちを形にして認識するようにしています。

 

感謝しながら走っていこう

家の中でこもっている時よりも1.5倍増しでアイデアが浮かんでくる。
その不思議な感覚に取り憑かれたせいか、やっぱり今日もいいランができたと思う。
この走りを止めたくは無い。
次のランもまた良いアイデアが浮かぶといいな。
いろんなことに感謝ができる今日も素晴らしいランができた、ありがとう。

 

本当にいいランができたとき。そのときは頭の中で絶対に「ありがとう」という言葉が浮かんできます。何に対しての感謝なんだろうか。考えてみるときっと今の走っている状況に感謝しているんだろうなと思います。

 

状況に感謝するとは

・育ててもらった親に感謝する

・支えてくれる人に感謝する

・働いている人たちに感謝する

・整備された道路に感謝する

といった自分が走るための環境作りに関わっているすべてに感謝すること。

 

今日も幸せに走ることができました。ありがとう。