走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

【10kmラン144日目】深夜残業明けでも当然走ります[2016/1/31]

ランニング ランニング-ラン日誌

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

https://www.instagram.com/p/BBNf-WSpiAr/

ついに境界線の向こう側へ...までは行きませんでしたが、久しぶりに深夜残業しちゃいました。

 

タイム

10km 1:03:51

1kmあたり6′23″


前職では日付を超える時間や午前様は当たり前でした。

今日は月末ということもあり、この職場でもかなり遅い時間まで働いてきました。

結果、ランをしたのはほぼ日付が過ぎてから(Nike+の計測は日付を超える前にスタートしたからぎりセーフということで...)。

 

一時間超えはしたくなかったけれど、深夜ランは仕方ないね。

 

ウェアのこと

でも毎日走ることをやめたくない。そこに迷いはなくふらっと外に走りに行きました。

 

ちなみに外は猛吹雪&真っ暗闇。

人っ子一人いやしません。

 

ワークマンの作業着(推定0.3kg程)を着て走るとまず1時間を超えることが多い。将来的には薄手のゴアテックス素材のウェアを着て走りたいなと思っています。まぁそんなこんなしてるうちに早く冬が終わればいいのだと思っていますか…。


体はやっぱり自然に動く

猛吹雪の中の深夜ラン。

結構しんどいしなかなか精神的にも辛いところがある。それでも10kmという距離を走るということは今の自信にも繋がっていて。

また先回の深夜ランの記事にも書いた通り、どんな状況だろうがとりあえず体が勝手に動きます。考え事をしてようが、眠たかろうが、走ることを体が覚えてしまっているので勝手に動き出すんです。

 

正直コンディションの悪い中で走ることは、自分の体力アップやスキルアップにつながるとは思いません。きちんと環境が整ってからこそのタイムは効率よく伸びると思っています。たぶんスポーツ理論的にも。


でも僕が走る理由は体力作りだけではありません。

単純にすることが好きになってしまったから。

走ることが生活の一部になってしまったから。

だから今ある144日連続という流れを断ち切ることがものすごく怖いのです。

 

つらいけど楽しい。とても矛盾してることのように思えますがやはりそれは表裏一体、紙一重なわけで。
いろんな状態、環境の中で走らざるを得ないとき、僕は何を感じ、何を考えるのか。

自分で自分を見つめていきたいなと思っています。

 

目標

考えることも大事だけど常に考えながら同時に体を動かそう。

じゃないと時間はあっという間に過ぎてしまうから。

どんなコンディションであろうとまずは365日続けてみる。考えて考えて走りまくる。

今の自分にはきっとそれがあっているんだろうなと思っています。