走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

【10kmラン140日目】深夜ランはどこか寂しい[2016/1/27]

ランニング ランニング-ラン日誌

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

https://www.instagram.com/p/BBDFFJ2piIf/ 

日付をまたいでのラン。街は静かでどこか寂しい。

走る足音が一つ、ただ響き渡る。

 

タイム

10km 1:00:44

1kmあたり6′04″

安定して1時間を超えてしまっています...。もともとタイムはあまり気にしてはいませんが、春先くらいには1時間以内に収めておきたいところ。

 

考えたこと

久々の深夜ランでした。
23時半に家を出て、帰宅したのが0時半頃。深夜ランは道が見えないので本当に怖い。
タイムは1時間超えでかなり遅いペースで走っていました。眠気も相まって、よりペースダウンに拍車をかけている感じ。夜でもタイム落とさないように走れるようになりたい。


その日は仕事でくたくたになって帰ってきた夜。軽い夜食を取り、しばらくぼーっとしていました。走り始めた時もいまいち気分が乗らず、体は重い状態。
調子が悪い時と言うのは大抵が仕事や他のことで頭がいっぱいになっている時。
走っている最中もずっとそのことを考えています。

もっと勉強しなければ、もっと頑張らなければ、仕事で数字をとらなければ。

疲れている思考回路はいつもそう。同じことの堂々巡り。にもかかわらず解決には到底及ばない。要は疲れてただネガティブになっているだけなんです。

 

最近はそれに気づくことができて、あまり深くは考えないようにしています。考えても仕方ない事は考えないことがベスト。

ただ走ることに意識を集中させて、思考は全て垂れ流しにすればいいのだ。10kmランが連続140日を迎え、体は勝手に動くし、考えごとがあってもある程度切り離して走れる。
継続の力は素晴らしい。力をどんどん洗練させているようだ。

無駄なことはそぎ落として、頭も体も軽やかでいたいものです。

 

目標

気持ちが上がってようが下がってようが、変わらず安定して走り続ける力を持ち合わせていたい。
人生は長いマラソンのようなもの。スタートダッシュをしまくっているだけでは走りきることができない。まるでウサギとカメのレースのように。

ペース配分をしっかりとりつつ、モチベーションを下げないように走り続けていきたい。

そのためには何を考え、どう行動するか。今日のランではそんなことを考えることができました。

走るって本当に不思議で、今まで思ってもみなかったことを考えさせられることが多いんです。タイムが上がらない分、メンタル的なところで成長できるのも冬のランのメリットかもしれませんね。

ますます春先の成長が楽しみになったランでした。では!