走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

【10kmラン138日目】冷え性ランナーは今日も走る[2016/1/25]

ランニング ランニング-ラン日誌

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

https://www.instagram.com/p/BA9ad6jpiAF/

体が冷えていたって走るんです。

 

 

タイム

10km 51:43

1kmあたり5′10″

体育館で走ったので、タイムはそこそこ良かったです。

道の起伏もなく、また風もないので順調に走ることができる。

ただ1つ欠点を挙げるのならば、それは道が単調すぎるということ。あとランナーがお年寄りがメインで、あまり張り合いがないということ。
 

考えたこと

その日は特にかなり体が冷えこんでいました。俗にいう末端冷え性。

オフの日だったのですが、外に出る事はせず(大寒波だからではなく、単純に出不精)、家でのんびりと過ごしていました。出かけたのは夕方過ぎ位でそれまで家でずっとパソコンを触っていて。
そのせいか体の調子が優れず、まさに全身冷えに包まれた状態で過ごしていました。
10kmランの開始前も体が重く、スピードも上がらない状態。5km過ぎた地点からだんだんと体温が上がり始め、スピードも上がるようになりました。
あれだけ冷えきっていた手足も走り続けることで、代謝が良くなり動くように。

ウィンドブレーカーを着込んで走っていましたが、5km過ぎた時点からそれも脱ぎ棄てさらぶ加速していきました。

最近のタイムとは珍しく、51分台で帰ってくることができたので、まずまずかなと思っています。

 

体育館で見たちびっこランナー

その日は珍しく小学生位の子どもがランニングコースを走っていました。その子がすごく特徴的で。なんていうんでしょうか、1人だけ目線が違うんですよね。自分1人で黙々と走り続け、また誰がいようとも構わずに本気で走り続ける。

走りを見ただけで目標を感じさせるような、そんな子でした。
 
ちびっこながらもそのまっすぐな目線に圧倒された24歳の僕です(笑)。

きっと成長する子と言うのはまっすぐな目線で、周りに流されない子なんだろうなと帰り際にそう感じました。


今日の目標:冷え性に負けずに体の調子を整える

大寒波が到来し、外の気温はめちゃくちゃ低くなっています。ですが、体調を一度でも崩してしまうと、この10kmランの連続記録が途絶えてしまいます。
そうなる事はできる限り避けたい。
過酷な状況ながらも体のケアはしっかりとし、食べるものは食べて寝るときはしっかり寝る。当たり前のようですが、今一度その体調管理をしっかりやっていきたいと思います。
何だか小学生の日記みたいになっているような...。そんなことは気にせずラン日誌も継続していきまーす!では!