走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

制限は受けたくない!僕が団体競技をしてこなかった理由

考え方

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20160122231546j:plain

今まで個人競技のスポーツばかりをしてきました。小学生の頃から陸上競技と少林寺拳法、中学校では陸上競技、高校では空手をやってきました。

どのスポーツもそうですが全てが個人競技です。
周りではバスケットやサッカー野球をしている友達が多かった。のにも関わらずみんなとは違った競技を進んでやっていました。
小さな頃は無意識でその競技をやっていましたが、大人になった今でははっきりとその理由がわかります。

 

他人がいないとできないスポーツは嫌だ

陸上競技であれば体1つあればパフォーマンスをすることができます。
でも野球やサッカーといった道具を使ったり、複数でやるスポーツは1人でやることができません。
できることは何でも1人でこなしたかった僕は自然とそういった競技を避けてきました。
そこから読み取れるのは、周りからの制限を受けてくないといった気持ち

自分の体1つでできなければ嫌だ、またオールシーズンでできるスポーツがいいと思っていました。
陸上競技はグラウンドが使えなければ体育館で走ることもできます。
空手であれば室内もしくは練習は外でだってできます。
オールシーズンできるスポーツが大好き!制限が大嫌い!

誰からも制限を受けたくない!

そんな学生生活を終え、今ではなんとかサラリーマンとして働いています。

そんなんでよくサラリーマンやってるなと思われそうですが、実のところやっぱり制限は受けたくないものです。

基本的に残業が苦手ですし、上からの指図はあまり受けたくない。
組織に縛られるというのもあまり良くは思っていません。
会社に縛られることなく、自由に働くという事は一体どういうことなのか。まだまだ若造で答えなんてもの見つかっていないけれど、好きなことだけをして生きていたいと常日頃から思っています。


好きなことだけをして生きていく。

それは苦労を苦労とも思わない仕事。

努力を惜しまない仕事。

夢中になって自分の力を全て注ぎ込める仕事。

もし失敗したとしても100%自分が悪いんだと納得できる仕事。

それら全て満たすものはどうしたって会社にあるかどうかというと、難しいところがあると思う。
会社に属してかつ自由な心持ちで生きていけるかどうか。
もしくは第二の新たな道を探してその道を模索しながらもを必死に生きていくか。


いずれにせよ自分の人生は自分で決めていきたい。誰にも指図を受けることなく、誰のせいにするでもなく、自分の意思で人生を歩んでいきたいと思っています。

そんなことを思いながら自分の気持ちをつらつらと述べてみました。今日はそんな感じ!では!