走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

朝5時に走ると見えてくる新潟人の行動と朝活のススメ

ランニング 考え方

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20160116125448j:plain

毎日早朝ランニングをしていると意外にも10人ぐらいの人たちとすれ違います。どんな人たちが多いのかまとめてみました。

 

犬の散歩をしているおじいちゃん

ダントツでおじいちゃんが多い。そして犬を連れて歩いている。昔からの健康法なのでしょうか。1月のクソ寒い日でもこういったおじいちゃんとは毎日といっていいほどすれ違います。

僕は音楽を聴きながら走っているので、最近ガチで吠えてくるわんこにいつも「ビクッ」となってしまいます。

わんこ可愛いけど寒くないのかなって、ちょっと心配。

 

ウォーキングしているご夫婦

こちらも年配の方が多くていらっしゃる。

年齢を重ねても仲良く二人で何かをするってのは素晴らしいことだと思います。あわよくば僕もそんな人生を歩んでいきたい。朝からちょっと元気をもらえるような気がします。

夫婦ともに朝が強い、なんて珍しいのかなと思いますね。歳を重ねると朝が早くなる、なんてよく聞きますが実際はどうなんでしょ。

 

ただ歩いている人

通勤?通学?なんで今の時間歩いてるんだろって人ともすれ違います。ウォーキングでは決してないゆるーい歩きですれ違うのですが、何かの用事なのかな。

バスも通っていない時間で、たまに立ち止まってこちらを見ている人も。こちらもやはり年配の方が非常に多い。

辺りは朝日も登らず真っ暗。じっと立ち止まる人はちょっと不気味に見えてしまいます。かくいう僕も黒ずくめで走っていたりするのですが。

 

ランニングしている人

猛烈に寒く雪もしんしんと降る中で、意外にもランナーとすれ違うことは多い。中にはヘッドライトの明かりをつけて走ってくる猛者もいます。そんな人と出会うとつい話しかけたくなります。いや、実際は話しかけてはいませんが。

どの季節でも毎朝走っている人は必ずいるもんだなと感じました。

勝手な仲間意識。今年は一人でも多くのランナーの人たちと知り合いになろう。ふとそう決心した早朝が最近ありました。

ちなみにランナーは20〜30代後半くらいの方が多い模様。

 

早朝ランを習慣付けるとメリットがありすぎ!

 

朝活で一日を気持ちよくスタートしよう

新潟市に引っ越してきてから2ヶ月が経ちました。雰囲気にもだいぶ慣れてきて、住み心地は抜群です。

そんな新潟市の早朝の雰囲気も好きで、特に朝日が昇り、日のオレンジと空の水色から成るグラデーションが見れた朝はなんとも言えない感動に浸ります。

「あぁ、今日も一日頑張れそうだ」

やる気付けてくれる不思議な感覚をその朝日に感じることができるのです。

 

早起きは三文の得ということわざがありますが、道端にお金が落ちてるというわけではありません。早く起きて仕事や運動をすることで、お金を得る以上の感動を味わうことができます。

人によってはその経験を何千円、何万円にも変えられるような価値になるかも知れません。

早起きすることが苦手という人は多いかも知れませんが、いろいろな可能性を広げるためにできることは、てっとり早く朝活だと思っています。

たまーに早起きして街の雰囲気を感じてみませんか?では!