走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

伝える力を鍛える方法とは

考え方

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20160105110142j:plain

日々気づきの連続です。記録として残しておかなければ頭からスルスル抜けて行ってしまいます。

 


本や映画をよく見るようになりました

一日10分間、毎日読書を3ヶ月以上続けています。かなりの短時間で読書量も決して多くはありませんが、それでも毎日続けていれば月に1〜3冊は本を読むことができています。

また休日には映画をよく観るようになりました。最近観た映画は「イニシエーションラブ」「ビリギャル」「キングスマン」「マッドマックス」などなど。たまにハズレもありますが、最近観た作品はどれも面白かったです。

気づけば月に本や映画などの「作品」に触れる時間が長いことに気づきました。大抵、見ておしまいなのですが、それではちょっともったいないなぁ。以前は書評も書いてはいましたが今ではサボり気味。

 

感想を持つことは表現を豊かにすること

どの作品に触れた場合にも面白かった or つまらなかったの感想ぐらいは出てくるもの。その感想を残しておく習慣が今までなかったので、これからはその習慣付けをしていきます。

小学生の頃から読書感想文は苦手でした。自分の考えを述べることが得意ではなかったのです。ずるずると社会人になり、最近ではブログを書いて自分の考えを発信するようになりましたが。

自分の考えはあくまで自分の中から発信されるものであって、作品に対しての評価はまた違ったジャンルに分類されるものだと思います。

 

「この作品はこうだから面白い。だから是非見てほしい」

上記のような説明が下手くそで、他人に勧めたい作品の良さを伝えられずに悶々とすることはしょっちゅうあります。

相手に自分の思いを伝える力。これこそ僕が身に付けたい力のひとつなのです。

 

作品に触れたら絶対に感想を残そう

感想を持つことは表現を豊かにすること。それを文章にうまく起こすことができたなら、文章力・伝達力・表現力を鍛えることができるでしょう。話して相手に伝えることができたなら、自分の興味の幅をさらに広げることもできますし、それってなんだかとても嬉しいこと。

この歳になって、他人に絶対に読んで欲しい本や観て欲しい映画にたくさん触れてきました。作品以外にも走ることで気づいた素晴らしさや掃除の大切さも理解することができました。

僕が経験したことを周囲の人たちにうまく伝えるための訓練として今後は「作品」に対しての感想は常に持っておきたいし、伝える癖を持っていたい。

今後はレビューもガンガンしていきたいと思います。

友達がブログを始めました!サイドバーにリンクが貼ってあるのでチェックしてみてください。彼に習ってレビュー更新やっていきます。