走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

実録・3ヶ月900km走るとどうなる。毎日10kmランを3ヶ月続けてみた。

ランニング ランニング-まとめ

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20151212160155j:plain

10kmラン3ヶ月継続達成!!!

毎日10km×93日で930km。去年の今頃、運動もしていなかった頃では想像もつかない距離を走ることが出来ました。じんわりと達成感で満ちています。

10kmランを3ヶ月続けて人生が変わったのかどうか、まとめていきます。

 

10kmランで変化したこと【フィジカル編】

・脚だけムキムキ

記事にも書きましたが太股が異常なほどに発達。脚だけがアスリート並みに強くなりました。上半身については人並みですが。むしろカロリー消費が激しいので人よりも細い。その細さを心配されることが最近では増えました。

食事や上体トレーニングを気にかける必要があるかもしれません。

 

・雨でも普通に走れる

夏は軽いウインドブレーカーでも走ることが出来ましたが、冬はそう簡単にいきません。薄手では寒さに勝てないからです。そこで発見したのがワークマンの防寒着。温かいし、何より水を通さない。そして安いのである。

唯一欠点があるとすれば重たいこと。それもトレーニングの一環だと思うことができればワークマンはあなたにとってのスポーツショップとなるでしょう。

 

・走ってもまったく疲れない

フルスピードで走らない限り、10km走ったところで疲れは全くありません。冗談で言っているのではなく本当に疲れないんです。軽く汗ばむくらい。もしかしたら10kmという距離は大した距離ではないのかも知れませんね。あれだけ高かった10kmというハードルが今では低く見えているようです。

筋肉痛も久しく起きたことがありません。慣れってすごい。

 

 

・早朝でも深夜でも走れます

前半の2ヶ月間はニートしていたので自分の好きな時間で走ることが出来ていました。しかし転職をし、残りの一ヶ月は仕事の合間を縫って走らなければいけませんでした。

早朝に走る場合は朝5:30起床。深夜に走る場合は残業の兼ね合いがあるので、場合によっては23時や0時に走っていたことも。

朝も夜も体力的にはそんなに差はありませんが、道が見えない深夜はやはり少し怖い。僕のオススメは早朝ラン。冬は日の出が遅いですが、走っている途中に朝日を見ることができるので、ちょっとした感動を味わえます。

自分の時間管理によって朝〜夜ランをうまく使い分けることができるようになりました。

 

・記録は急上昇

f:id:tobutori00:20151212154409p:plain

走り始めの頃のベストは48:02でしたが、43:02までタイムを縮めることが出来ました。これについては正直アプリの不具合じゃないかとも疑っているのですが...(ベスト更新した日は12月3日なのに、表示は9月21日になってるし)。

とにかく最初の頃よりもタイムが縮まっていることは明らか。そして膨大な距離を走りきったことも確かなことです。

 

10kmランで変化したこと【メンタル編】

・ネガティブ思考がなくなった

10kmランが辛くないのかと言われれば最初はもちろん辛かった。でもそれを乗り越えることが出来たし、何よりも自信に繋げることが出来た。10kmランを3ヶ月ですよ?並大抵のことでへこたれない精神力は自然と身についた気がします。

ただ決してポジティブになったというわけではありません。走る日によっては雨だったり、強風だったり、暑かったりめちゃくちゃ寒かったり。様々な上体でも走ることをやめなかったおかげで環境を受け入れる能力が身につきました。

この能力は生活していく上でも、ストレス社会を生き抜くためにも必要だと思います。

 

・一日1時間自分と向き合うことができる

走っていれば自分の今の状態を知ることができます。調子が悪ければタイムは伸びませんし、体が重く感じたり。今日は体が軽いから記録出していこうとか。

またふとしたアイディアが浮かんだりもします。走っている最中に思いついたことをブログに書くこともあります。

自分と向き合う時間を設けることで成長することが出来ると、あの武井壮さんも提唱しています。

 

10kmランで変化したこと【生活編】

・洗濯物に気を使うようになった

夜走る分には一回のシャワーで済みますが、朝走るとちょっと違います。朝走ってシャワーを浴びて、夜は帰宅したらまたシャワーを浴びます。要は一日2回シャワーをする日が増えました。

一日2回もシャワーをすると当然洗濯物が増えます。しかも季節は冬、洗濯物が乾かない。以前はユニクロのスウェットで走っていましたが、一回洗濯すると全然乾かないので今は普通のジャージで走っています。

 

・体力は増えたけど眠たい

走って鍛えたとは言っても眠気を払拭できるほどの体力はまだついていないようで。夜は23時前には眠くなります。天気のいいお昼過ぎとかも最高に眠いですね。

体力が増えたといっても夜更かしできる体力が増えたわけではないということ。どうしたって規則正しい生活を強いられてしまいます。まぁいいことなんだけどね。

 

10kmランで変化したこと【音楽編】

・オーディオブックを聴くようになった

一回のランでかける時間は長くて60分ちょっと。ただ走るだけでは正直もったいない。そこでオーディオブックを聴くようにしています。購入した本は「7つの習慣」と「嫌われる勇気」。どちらも自己啓発本で書店で見かけた人もいるはずです。両方とも分厚い本で、正直手をつけづらかったんですよ。

オーディオブックであればただ聴くだけでいいんです。だから走っている時間が勿体無いという人にはぴったり。毎日60分も本を読むことが出来るんです。

走るときだけではなく運転中にも聴くことが出来るので、本を読む時間がないという人はぜひ一度購入してみてはいかがでしょうか。ちょっと値段は高いですが、何度も繰り返し聴くことで、勝手に知識が体に染み渡っていくことでしょう。

走る際のお供としてぜひ。

 

・聴く音楽は基本ロック

ノリノリで走れる曲がいいですよね。やっぱり僕の中ではUVERworldがダントツ。特に「PRAYING RUN」は3ヶ月間ずっと聴いていた曲。

最近では星野源だったりサカナクションであったり、聴く曲はトレンドによって様々。

フルマラソンに出場したときに聴いていた曲をまとめていましたが、正直その頃と聞いている曲はほぼ変わっていませんね。

 

3ヶ月10kmランを続けてみた【まとめ】

この3ヶ月で確実に変わったことは大きな自信を得ることが出来たこと。体力がついたことよりもなにより、自分の心を満たすことができる「走る」という存在に気づけたことが本当に嬉しい。

最近は走っているときに感謝しながら走ることがあるんです。意識しているわけではなく、実に自然に頭に浮かぶんです。モーニングページをしていて「幸せ」という単語が度々出るようになったのも、走り始めて「感謝」の気持ちを感じるようになったからだと思います。

走ることは本当に楽しいことなんだと断言したい。そして幸福感を増すことのできる行為であるともしっかりと述べておきたい。

「誰かに勝ちたい」とか「記録を出したい」という気持ちがあって大いに結構。モチベーションを上げるために目標を設定しておくことも大事でしょう。しかし他にも走ることの魅力はたくさんあります。そこに多くの人に気づいて欲しい。

では気づきを得るためには何をすればいいのか。答えは簡単でひたすら続けること。続けることで最初は見えなかったことが、3ヶ月経過することで視えてきます。

 

 

10kmランで人生は変わります。

走ることは幸せに気づく行為だと思うことが出来るし、

強靭な肉体を作ること自体が

幸せな人生を過ごすことに欠かせない要素なのです。

 

2015/12/12 とり。

 

 

以下3ヶ月目の記録を。

f:id:tobutori00:20151212144824p:plain

f:id:tobutori00:20151212144820p:plain

f:id:tobutori00:20151212144815p:plain

f:id:tobutori00:20151212144812p:plain

f:id:tobutori00:20151212144807p:plain

f:id:tobutori00:20151212144758p:plain

f:id:tobutori00:20151212144803p:plain

 

 

【10kmラン1ヶ月目達成記事はこちら】

 

【10kmラン2ヶ月目達成記事はこちら】

 

【こんな曲を聴いて走ってます】

 

【走るときのアイテムをまとめました】

 

【ランニングアプリはNike+でキマリ!】