走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

単純なことを毎日やっている人は強い

考え方

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20151208190425j:plain

スポ魂漫画によくある反復練習を膨大な時間をかけた主人公がめちゃくちゃ成長するストーリー。あれって現実世界でもまったく一緒だと思うんです。

 

続けていると変化すること

毎日同じことをずっと続けているとある時自分の中で何かが変わります。「慣れ」の感覚に近いのですが、やり方がしっくりハマるというか。明らかに初期の状態とは違うなと実感出来るときが来るんです。

その後反復作業が楽しく感じるステージがやってきます。単調でつまらないと思っていたことでも、続けることでその感覚が変わります。
楽しくなると次に待っているのは「想像力」がつきます。もっとああしようとか反復の中で変化をつけるようになります。

例えば僕は、3ヶ月近くボールペン字練習を毎日やってきました。最初の頃はただひたすらになぞるだけ。別に苦に感じたことはありませんが、初期の頃はただの作業だなと思っていました。しかし続けていくうちに小学生だった頃を思い出し、「あのころは夢中に習字をしていた」という記憶が蘇りました。
自分の中で字を書くことは楽しいことだったのだと思い出すことが出来たのです。その後は字を書くことが楽しくなりましたね。練習するときもそうですが、仕事で文字を書くときでもペン字練習を習ったことを意識するようになりました。
最近ではペン字練習に変化をつけて写経を始めました。今後どんな風になるかは分かりませんが、少なくとも続けることで「気づき」を得ることは分かっています。

 

継続は力なり

とても共感できる格言です。数日続けただけでは本当の効果は分かりませんが、3ヶ月続ければある程度の効果を感じることができるでしょう。もしかしたら人生すら変わるかも知れません。それほど継続には絶大な効果があるのです。
続けることで人生は間違いなく変わります。大げさなことではなく絶対にそうなります。逆に続けなければ何も変わらないでしょう。
僕は人生にマグレは存在しないと思っています。全て積み重ねの上に成り立っていて、マグレだと思っていてもそれはあなたが何かを積み重ねたことで得た成果です。

努力は不要。ただ続けよう

前も記事に書きましたが、努力は必要ありません。何かを成し遂げようと思ったらただひたすらに続ける、それだけ。頑張る必要はないのです。

続けてみて駄目だったら改善する、効果がないと分かったらやめればいいのです。大前提にその結果を知るためにはやはり続けなければ何も分からない。

まずは低いハードルを毎日飛ぶ練習から始めましょう。