走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

【10kmラン78日目】体組成計を使って体重測定してみた

ランニング ランニング-ラン日誌

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20151125114719j:plain

今年も残りあとわずか。10kmランも今日で78日目。780km以上走ったことになります。

今回はオムロンの体組成計を使って、毎日10km走っている体がどんなことになっているのか計測してみました。

 

ちなみに愛用しているのはこの体組成計。4秒測定が可能で、乗っただけで体年齢などの体重以外の数値を計測することができます。各項目の説明と自分の数値を照らし合せていきます。

 

BMI

f:id:tobutori00:20151125112854j:plain

肥満度を判定する国際的な基準で、理想体重は BMI「22」のときです。計算式はBM I = 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 19.8という数値は平均値らしいです。なんだかちょっとツマラナイ。

 

基礎代謝量

f:id:tobutori00:20151125112844j:plain

生命維持に必要なエネルギーです。

僕の年齢は24歳。平均基礎代謝量は1500kcalらしいのでこの数値も平均的と言えるでしょう。最近代謝が上がったと思っていたのですが、勘違いだったんでしょうか。


体脂肪率

f:id:tobutori00:20151125112837j:plain

体重のうち、体脂肪の重さが占める割合です。

12段階あるうちの第5段階目とのこと。いわゆる標準ってやつです。ちなみにEXILEに入るには体脂肪率を8%にまで落とさないと入ることはできません。残念。

 

内臓脂肪レベル

f:id:tobutori00:20151125112821j:plain

 内臓のまわりについている脂肪面積の大小を自社データに基づいてレベル化したものです。

これも標準。よくわからない。

 

骨格筋率

f:id:tobutori00:20151125112812j:plain

 体重のうち、骨格筋の重さが占める割合です。 骨格筋は、運動などで鍛える(増やす)ことができる筋肉です。

これが高かった。ちなみに測定MAXは60.0%とのこと。

 

体年齢

f:id:tobutori00:20151125112829j:plain

基礎代謝をもとに算出した体の年齢です。 体年齢が実年齢より上か下かで、総合的な判断の目安になります。

マイナス6歳。いつまでも若々しくいたいものです。

 

数値的には「標準」が多い

体の数字的なことに関してはよくわかりませんが「標準」と診断されると、ほっとするよりはツマラナイと思ってしまう性格。よかったのは骨格筋率が高いことと体年齢が高校生並みということですかね。

ちなみにオムロン公式から引用すると

骨格筋率を上げれば基礎代謝量は下がらない

基礎代謝量アップのカギを握るのは骨格筋です。

筋肉には大きく分けて、内臓をつくる「平滑筋」、心臓をつくる「心筋」、そして体を動かすための「骨格筋」の3種があります。そのうち、骨格筋は全体の約40%を占めており、運動などで鍛えて増やすことのできる唯一の筋肉です。骨格筋率とは、体重のうち、骨格筋の重さが占める割合のことで、数値が高いほど基礎代謝量も高まります。

らしいです。

あと体年齢のMAXは18歳らしいので、今の状態をキープするのがベスト。うーん、筋肉量はもうちょっと欲しいって感じです。以上!

 

【10kmラン1ヶ月目達成記事はこちら】

 

【10kmラン2ヶ月目達成記事はこちら】

 

【こんな曲を聴いて走ってます】

 

【走るときのアイテムをまとめました】

 

【ランニングアプリはNike+でキマリ!】