走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

退職後1ヶ月で再就職する方法

就職活動

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20151117204736j:plain

適当にやれば普通に就職できます。

 

3年半務めた職場を退職し、1ヶ月くらいニートしてました。とはいっても転職活動はしていましたが。

転職活動の方法は様々。参考になるかはわかりませんが、僕が試した方法をまとめます。

 

転職サービスを利用する

リクルートエージェント

マイナビエージェント

DODA

登録したのはこの3つ。

 

リクルートエージェント

一番最初にリクルートエージェントに登録しました。履歴書・職務経歴書などを登録後、担当のエージェントさんから電話連絡がきます。「一度本社(東京)に来て面談できますか?」と言われますが、「電話でお願いできますか?」と相談すれば、後日電話面談で対応してもらえます。

後ほどマイページに自分にあった求人が送信されます。

しかし送信された求人はどれもブラック企業。一瞬見ただけでわかるほどのブラック案件しか配信されませんでした。一瞬見ただけでわかるブラック案件というのはどの求人サイトにもいつも載っている求人案件です。某住宅営業とかその類です。

「いつかマシな案件が来るはずだ!」と数日待っても、給料が希望額よりもかなり下回っていたり、県内案件を希望しているのに県外案件ばかりが寄せられてきたり。

まぁ学歴や経験を考慮して配信されるのでしょうが、正直一社も受けようとは思いませんでした。

 

マイナビエージェント

リクナビエージェントで痛い目を見たので、すぐさまマイナビエージェントに登録しました。リクナビエージェントで作成した履歴書・職務経歴書そのままアップ。その他必須項目を登録し返信を待ちました。すると数日後、「あなたに合った求人は残念ながら見つかりませんでした」との返信が。なぜ。

 

DODA

そこそこの求人案件が送られてきます。しかし下の転職方法で転職が成功。活用するまでには至りませんでした。

 

Indeedを利用する

Indeedを使って就職が決まりました。

例えば、「新潟 正社員 接客」などで検索すると高確率でIndeedがヒットします。このIndeedというサイトは全求人サイトの案件を吸い上げる求人検索サイトになっています。リクナビもマイナビもタウンワークもひとまとめにし、キーワードに合った求人案件を探すことができるのです。

このIndeedを使用し、僕は転職することに成功しました。

転職サービスと違い、自分に合った求人を自分で探すことができるのがメリット(当たり前か)。やってもらうより自分で動きたい、でもハローワークで探すのは何だか抵抗がある。そんな人にぴったりかなと。

ちなみに二社応募して二社とも内定をいただきました。そのうちの一社に入社。現在働いています。

 

ハローワークを利用する

求人検索サービスも行っていますが、それは自宅でもできます。転職相談もできるようですが、利用しようとは思いませんでした。これは完全に毛嫌い、というかハナからハロワに通おうとはなぜか思いませんでした。

Indeedで検索した求人がハロワで掲載されている場合、ハロワの紹介状を発行してもらうことができます。この紹介状を発行してもらうと「再就職手当」をもらうことができます。※詳しくは担当の方に聞いてみて。

ハロワの活用方法はその紹介状をもらったくらいでした。

 

効率のいい就職活動を

退職前までは転職サービスを利用すれば勝手に優良案件がやってきて、転職活動も余裕で終わるっしょ、とか思っていました。もちろんそれでうまくいく人もいるでしょう。条件付きで。

ハロワ、求人フリーペーパーで仕事探しはしようとは思わなかったので、転職サービスがうまく使えなかった後、Indeedで渋々探しました。

他にもいい方法があるかとは思いますが、今回の転職はIndeedがベストでした。