走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

鼻毛は「抜く派」ではなく「剃る派」です

妄言

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

ボボボーボ・ボーボボ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

みなさん鼻毛処理ってどうしてますか?

 

毛に対するコンプレックス

思春期の頃。何事にも敏感に反応してしまうウブだった僕。思春期の僕は、「大人はお金持ち」とか「アイドルはおならをしない」とかいった固定観念でガチガチでした。成人した今はそれなりの現実を知ってしまってはいますが。

特に毛に対するコンプレックスが大きかったですね。

当時放送していたウォーターボーイズっていうドラマがありました。高校男児が様々な困難を乗り越えて学園祭でシンクロナイズドスイミングをするっていうやつです。

ドラマの最終回でボーイズたちはプール上で4段やぐらを完成させます。そのてっぺんには主人公の山田孝之。やぐらのてっぺんで拳を突き上げてドラマは最高潮の盛り上がりに。

 

 

 

思春期最大の事件がこのシーンでおきました。

 

 

 

「や、山田孝之にワキ毛が生えてる!!」

 

 

思春期の僕の中では、芸能人や役者の人たちは僕ら庶民とは違って、絶対的に「美しい」というイメージがありました。テレビに映る人たちは僕たちとは何かが違うんだと。そう思っていたのに。

「テレビに出ている人も人間なんだ、ワキ毛って生えるんだ...。」

底知れぬショックを覚えた中学生の頃の出来事を僕は忘れません。

 

毛って邪魔じゃないですか

その頃から毛に対するコンプレックスが生まれました。たぶん僕だけじゃなく、いろんな男性生徒が毛について悩んでいたと思います。すね毛を剃ったりするクラスメイトとかいませんでしたか?あるいは眉毛を全剃りするやつとか。

思春期には少なからず毛に対するコンプレックスは誰しもが抱いているはずなんです。

僕は成人した後もそのコンプレックスは消えませんでした。毛ってやっぱり邪魔。お金があるなら髪の毛と眉毛を残して全身脱毛したいくらいです。

 

鼻毛は絶対に「剃る」

鼻毛カッターって使ったことありますか?あれ僕ダメなんですよね。完全除去できないじゃないですか、鼻毛カッター。気が気でいられません。

たぶん飛び出す鼻毛を防ぐことは出来るのでしょうけど、角度によっては見えますよね。特に鼻の内側。あれは鼻毛カッターでは絶対に取り除けない位置に毛があるので、まず無理でした(体験済み)。

 

そこで手にしたのはカミソリです。

フェザー フラミンゴS 3本入

フェザー フラミンゴS 3本入

 

 

薬局で売ってる安いカミソリなんですがこれで鼻毛を剃ります。「カミソリなんて正気か!?」と言われたことがありますが、剃り心地は意外にも快適。剃った後の爽快感は鼻毛カッターの倍はすっきりしますよ。

 

鼻毛カッターでは不安だし、ピンセットで抜くのは痛い。ならばカミソリで鼻毛処理すればいいじゃない!

今のところ鼻毛に関してはカミソリで対応しています。

 

 

ちなみにブラジリアンワックスで鼻毛一気抜きも試そうとは思いましたが、未だ勇気がないのと意外と値が張るので試していません。誰か試した人がいれば感想教えてください!では!

 

GOSSO ゴッソ (ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット)

GOSSO ゴッソ (ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット)