走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

退職するときは6つのステップをこなそう

就職活動

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20151107231248j:plain

仕事を辞めるときに必ずやらなければいけない手順があります。僕が辞めたときの方法をまとめてみます。

 

1.辞意は直属の上司に伝えよう

まずは辞めたいという意思を直属の上司に伝えましょう。飛び越えて社長なんかに言ってしまうと上司のメンツを潰してしまい、退職するまで気まずい雰囲気の中で仕事をする羽目になるかも知れません。なのでまずは直属の上司に報告です。

ポイントは「相談」という形で話すこと。

いきなり退職届を突きつけるようなことはしない方が吉。届けはあくまで退職までの日取りなどを全て決定した上で、確認の書類として出すものです。

 
2.退職日を決めよう

会社規約を確認し、どれぐらい前までに退職の意思を伝えなければいけないのかを確認しましょう。たぶん「退職一ヶ月前に〜」っていう表記があるはずです。ここでのポイントは具体的な日付を明確に伝えることです。

 

3.有給休暇の確認

辞めるときはたまった有給休暇を使ってのんびり羽を伸ばしたいもの。有給の日数は確認しておきましょう。ただ確認のタイミングは上司から報告待ちした方が良いかも知れません。僕は上司からのアクションが皆無だったため直接人事部に確認しましたが。

 

4.後任への引き継ぎ

自分の業務はしっかり後に残る人に引き継ぎましょう。場合によっては資料でまとめておく必要があるかも知れません。

 

5.有給休暇に入る前に

僕は約2週間の有給休暇をいただきました。最後の出勤日には菓子折りを社員全員(20 人くらい)に渡し、挨拶しました。渡すお菓子は日持ちするクッキーなどがいいらしいです。僕はイオンに入っているコージーコーナーで2000円くらいのものを購入しました。

会社に置いていくもの(健康保険証など)は指示があると思いますので、指示に従いましょう。

 

6.有給休暇終了後も挨拶に

有給休暇が終わる最後の日にまた会社に挨拶をしにいきました。ちなみにこの時も菓子折り持参。ぶっちゃけこの挨拶必要?と思いましたが、行った方がいいみたいなことも聞いたので一応行きました。

退職届の封筒や便箋、菓子折り代などもかかり、退職って意外と金がかかるなぁって感じでした。本当に面倒くさい。

スマートに、できると思うな、退職転職

形式的にはこんな感じですかね。退職届の書き方はググれば形式がたくさん出てきます。いろんな文例があると思いますがベースは一緒なので、どれを使用しても問題ないでしょう。

初めての退職でしたがまぁスマートにいきませんでしたね。様々なハプニングに巻き込まれたりもしました。こうして冷静にブログで退職の手順を打ち込んでいるのが不思議なほどに。

というのも追々記事にするかもしれません。この記事がどこかの誰かさんのためになることを祈って...では!