走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

【初心者必見】毎日走るためにこれだけは揃えておきたい超必須アイテム

ランニング ランニング-まとめ

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

僕が普段どんなものを身につけて走っているのかまとめてみました。これから毎日走ってみようかなと思っている人の参考になれば幸いです。

ちなみにこのアイテムたちのおかげで連続10kmランを390日達成することができました!

※最終更新日:2016年11月22日

 

 

キャップ 

走る時間帯はもっぱら朝です。出かける前に一汗かいてシャワーを浴びてから、というのが僕の日課です。そんなとき寝起きのまま走るのですが、キャップがあれば寝癖を直さないで走りに行けるのがいいですね。はい、極度の面倒くさがりです。

 

ブランドにこだわらず選んでも全然OK!走り始めた頃はホームセンターで売っていた200円くらいのキャップをかぶってました。ブランドがつくと値段が跳ね上がりますが、未だに違いがわかりません。モチベーションアップにはいいかもしれませんが。

 

ちなみに毎日使っていると汗が染み付いて臭ってしまうのですが、そんなときは走り終わった後に一緒にシャワーを浴びましょう。シャンプーで一緒に洗うと臭いも取れるしお手入れも簡単です。

 

【参考記事】洗濯物がクサイ!?毎日ランニングの洗濯のコツ 

 

ウェア

www.uniqlo.com

 

ユニクロのスウェットがコスパ最強

スウェットのいいところは寝起きでそのまま走れるところですね。極度の面倒くさがり屋な僕は、スウェットをそのままパジャマにし、起きたらスウェットのままランニングに出かけます。

そんな感じで冬はスウェット一択かな。ただ肌が弱い人は素材によっては肌が負けてしまうかもしれません。実際に僕も足が擦れて負けるときがあります。そんな人は別でスパッツを履いてみるといいかもしれません。

ちなみに上下で揃えても3000円いかないくらいの超良心的お値段なので、まさに新しく始める人には超おすすめ。

 

※2016年11月22日追記

スウェット生地は一度洗濯すると乾きづらく、コスパはいいのですが洗濯ものがどんどん増えてしまうということで、現在ではジャージを着て走っています(^^;)

もちろんユニクロのジャージでもOK!

 

ウインドブレーカー

秋冬の寒い季節はウインドブレーカーが必須です。しかしどのスポーツブランドもそれなりの値段がしてしまうもの。個人的にはワークマンで購入することをオススメします。吉幾三の歌でも有名なあのワークマンです。ドカタ系の服しかないのか思っていたのですが、安くて・保温性も抜群・オシャレの三拍子。寒い季節の頼れる味方となりました。

別記事でも書いているのでぜひ参考にしてみてください。

 

【参考記事】冬のランニングウェアはワークマンで買おう

 

ソックス

ワークマンで売っている3足780円のものを使っています。安くて丈夫、それ以外特にこだわってません(笑)

 

イヤホン 

 

毎日音楽を聴きながら走りたい方はこのイヤホンを。これがないと走れない!それくらい超必須アイテム。

毎日走る人にとってのイヤホンは、防水・つけ心地・簡単操作の三つが不可欠。BACKBEATFITは全て叶えてくれるイヤホンです。まさにランニング時の神アイテム。

有線のイヤホンだとコードがぶつかって雑音しまくりなのですが、Bluetoothなのでそういったストレスが一切ありません。

 

通話もできるので運転中とか手が離せない時にも使えます。

音質もいいので、普段使いでも活躍できます。イヤホンを買い換えようかな?なんて思っている方にもオススメですよ。

 

モチベーションを上げたい!いい音質を聴いて走りたい!という方はぜひお試しあれ。ちなみに僕は10kmランの1ヶ月達成のご褒美に買いました。

 


防滴ワイヤレスイヤホン!ランニング等のスポーツに相性抜群! - YouTube

 

【参考記事】フルマラソンに挑むならこの曲を聴け!オススメ曲19選

 

スマホポーチ 

スマホでタイムを計測する人には必須アイテムでしょう。

初期はスマホをズボンのポケットに入れて走っていたのですが、ユッサユッサと揺れてしまい、とてもランに集中できませんでした。スマホポーチは二の腕付近でしっかりと固定されるので、揺れを気にせず走ることができますよ。

ポーチの外からもタッチすることができるので、アプリの計測を止めたいときにも便利です。

 

腕時計で計測される方も多いかとは思うのですが、スマホの利点は以下の通り。

・夜走るときにスマホをセットしておけば蛍光板の代わりになる

・腕時計をわざわざ買う必要がない(腕時計って結構高いんですよね)

・旅行先でのランニングの際には写真を撮って思い出づくりに役立つ

 

逆にデメリットですが、肩に巻いて走るので汗まみれになりニオイが気になる場合もあります。これもキャップと同じく、ニオイが気になったら一緒にシャワーを浴びちゃいましょう。

 

ランニング用アプリ

ナイキプラスという無料アプリを使っています。タイム計測はもちろん、SNSと連動させることもできます。自分のタイムを周りに公表することでモチベーションアップにもつながったりもするんです。

他にもランニング用の無料アプリはいくつかあるので、自分にあったアプリを探してみるのもいいかもしれません。

【参考記事】【ランニングアプリ】走るひとはナイキプラスを使おう!

 

シューズ


原則、シューズ選びはお店で試着するべし。きちんと足のサイズを測ってから選ばないと後で後悔することになります。場合によっては自分にあったシューズを店員さんに聞くのもアリです。

僕はどんなシューズを選べばいいのかまったくわからなかったので、迷わず店員さんに相談しました。「自分がどれくらいのペースで走るのか」「どれくらいの距離を走るか」など伝えればOKです。

大体10000円前後がランニングシューズの相場と言われていますが、シューズに関しては絶対にケチらない方が得。ぜひ自分にあったシューズを探してみてください。選ぶ時間も楽しいので、お店でいろいろ試してみましょう。

 

冬のシューズ選び

雪道でも走りたい!という酔狂な人にオススメなのが雪道用シューズです。普通のシューズで走ると滑って転んでしまうので危険ですし、水が浸透して不快感マックスにもなります。雪道用シューズは底の作りが普通のシューズと比べて、棘の部分(?)がかなり鋭いので、凍った道でもしっかり地面を捕らえてくれます。また保温性も抜群で、水の侵入も防ぎます。

別記事でも書いているのでぜひ参考にしてみてください。

 

【参考記事】【レビュー】雪道を走るためのランニングシューズ!アシックスGEL-SNOWRIDE

 

まとめ

全部揃えれば一年中走っていられます。実際に僕は毎日10kmランを390日続けることができました。

ですが、一気に揃える必要はまったくありません。初心者はシューズさえあればいい。服装なんかは二の次でいいんです。ちょっとレベルアップしたいと思ったとき、モチベーションをあげたいなと思ったときにお金をかけるのがベストです。

まずは走りだすこと。それが何より一番大事なんです。

 

ではよいランナー生活を。それではまた!

 

関連記事

実録・月300km走るとどうなる。毎日10kmランを1ヶ月続けてみた。

実録・2ヶ月600km走るとどうなる。毎日10kmランを2ヶ月続けてみた。

実録・3ヶ月900km走るとどうなる。毎日10kmランを3ヶ月続けてみた。

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。