走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

僕が一人で旅行に行かない理由

考え方

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20151023111017j:plain

紅葉のシーズンがやってきました。新潟の弥彦神社では毎年きれいな紅葉がなります。

 

さて僕は一人でほとんど遠出をしません。一人旅行に行ったのはかれこれ二年前ぐらい。新潟から長野の軽井沢に遊びに行ったのが最後ですね。あれ以来遠出はあまりしなくなりました。
誘われての旅行ならたまに行くのですが、自分から旅行に行こうと誘うことがまずありません。そこには3つの理由があります。

時間がかかる

当たり前ですが移動にとにかく時間がかかる。田舎に住んでいるので、車で移動することになりますが、これがまた手間。車中では音楽を聴くか、ラジオを聴くか、テレビやDVDを流すか。いずれにしても行動が制限される。

景色を楽しめばいい?行きで見た景色を帰りにもう一回見ても感動は少ないのは行かなくてもわかります。

リスクが半端ない

旅行に散財は付き物。いくら格安プランを練っていてもいつもの外出より出費が重なるのが旅行なのだ。車で移動した場合、ガソリン代、高速料金がかかる。宿泊するのであれば宿泊代。翌日の食事代もプラスでかかる。
もとより貧乏性の僕は旅行で訪れる散財のタイミングに怯えながら行動しているといっても過言ではないかもしれない。
また旅行には危険が伴う。
またも車で移動した場合、運転は常に死と隣り合わせだ。過去に起こった危険な状況といえば突発的な大雨。帰り道に降られることがしょっちゅうで、知らない土地で視界が悪くなると、なかなか怖い。高速でワイパーを動かしても目の前が雨で遮られている場合は、申し訳ないが高速道路で60kmくらいまで速度を落とす。

また長時間運転はものすごい眠気に襲われる。3秒居眠りしただけで即死につながる旅行。リスクを冒してまで手に入れたい何かが旅行にあるのだろうか

だいたいの予想がつく

とてもきれいな風景、音楽、食事。それ全部自宅で分かっちゃうよ。
きれいな風景はネットで検索すれば一発だし、音楽はYouTubeで検索すれば一発。食事はお取り寄せや近くのお店でそれなりのものが食べれます。
上記のリスクを犯してまで、安定を壊して出かけるメリットって一体。

それでも旅行に行ってしまう理由

時間がかからず、お金もかからず、安全に行ける観光地であれば間違いなく旅行に行くのか、というとそれもまた違うと思う。では一生旅行に行かなくてもいいのかというと、それも違う。
旅行に行きたい理由が「自分」にはないのだ。
自分にはないが、「誰かと一緒に旅をしたい」という気持ちはある。危険を冒し、お金を投資をする理由が他人にあってもいい。旅行は自分のためだけのものでなくていい。
また、もしかしたら自分の世界が狭いだけなのかも知れない。いろいろなハードルを越えてでも向かいたい土地を僕はまだ知らない。魅力を感じようとする努力もしていない。

でも今は、誰かと一緒になら旅も悪くないなって思ってます。