走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

【糖質制限31日目】欲しがりません、勝つまでは。

糖質制限

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

 

f:id:tobutori00:20151023210428j:plain

君はこの誘惑に勝つことができるのか。

 

糖質制限を続けて気づけば1ヶ月が過ぎました(10月22日)。ある意味一番つらかった。体に悪いものを食べないというチャレンジがこれほどキツイとは。人は無意識的にジャンクを求めてしまう生き物なのでしょうね。

お土産も食べなかったよ

実家に住んでいるので、近所の人が持ち寄ったお菓子が届くことがあります。大好物のどら焼き、ディズニーランドのお土産、ケーキ、バアムクーヘンetc...

これ全部食べなかったかんな!!!

おばあちゃんに心配されたわ、お前甘いもの食べなくなったんなぁって。はい、そうなんです、我慢してるんです。あと2ヶ月は甘いもの食べませんので、どうか僕にお菓子は与えないでください。え、プリンが冷蔵庫にある?...いいよ、食べていいよ。

実家にいると誘惑が多すぎます。早く引っ越して何も誘惑のない土地に移りたいです。

避けられない糖質イベント

先輩からの飲み会のお誘いが一件だけありました。飲み会自体は好きですし、誘ってもらいありがたいことなんですが。ノンアルコールがまかり通らない空気が...ねぇ。

その日だけはお酒を飲んでしまいました。すいませんっしたー!

あのお酒飲まないと空気読めないみたいな雰囲気ってなんなんでしょうね。日本だけ?だったら海外に移り住むことも将来的に検討するする。

烏龍茶、いや何だったら水でも飲み会を楽しむ自信があります。でもそれを許してくれない風潮こそ、このサラリーマン社会の悪しき伝統。悪即斬。

ちなみにお酒と脂っこいおつまみがいっぱい出されたので、飲み会が始まって一時間後に顔が痛くなりました。ニキビできちゃった。

適量なら許されるときもある

他の日にどうしてもお菓子を食べなきゃいけないイベント(?)があり、止むを得ず食べてしまうときがありました。しかしその日は顔に異常なし。

適量の糖分であれば少しくらい食べても大丈夫かもしれません。むしろビクついて食べてストレスを感じる方が肌に悪いのかも。

目に見えないが効果が出てきた

どうしても避けられないもの以外は、基本的にお菓子もジュースもお酒も飲みませんでした。その甲斐あってか、ニキビができる頻度も少なくなったように思えます。ビタミンCサプリを飲みまくってるのも効果があるのかな?

また頭の中がクリアになった気がします。調べてないので気のせいかもしれませんが。

ただこれから忘年会シーズンやクリスマスがやってきます。僕が真っ先に思い浮かべるのは華やかなパーティ会場ではなく糖質たっぷりの食事たち。奴らをどうかいくぐっていくか。

これからの季節、さらに多くの誘惑に打ち勝って美肌を目指していきます。

change-3months.hatenablog.com

ビタミンも大事!