走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

あなたが働く理由はなんですか?

妄言

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20150928173343j:plain

働くってなんだろう。退職を決める前から疑問でした。

 

学生から社会人になった僕が働き始めた理由は「お金を稼ぐこと」よりも「自分の学んだことを活かしてスキルを上げる」ことでした。もっと根本的に言えば、社会的に働かなければいけない風潮があったから、とりあえずそこに乗ってみたというのが正しいかもしれません。

面接した際に「残業が多いけど大丈夫?」と聞かれましたが、「はい、問題ありません」と返答したことを僕は憶えています。あの頃は残業すればスキルも上がるし、残業代も出るなら一石二鳥じゃないか!と考えていました。その考え方自体に正解も不正解もありませんが、今思い返すとかなり甘く考えていたなって思います。毎週の締切に追われる仕事だったので、締切前日は日を越えるときもありました。シャワーを浴びるために帰宅し、すぐ出社するケースが何度もありました。それでも最初の1,2年くらいはがむしゃらにやってこれた気がします。

3年経ってちょっとしたハプニングが起こったり、残業の多さへの不満、仕事に対する不信感を感じるようになりました。また他の業種・職種でチャレンジしてみたいという”欲”もあったので、退職を決めました。

いろいろ嬉しいことや、辛い・悲しい・悔しいことも体験してきました。

就職し、働き、辞めたという事実に意味はないと思っています。そこに意味を持たせるのは僕自身なので、「あのクソ会社」といってしまえば、以前の職場は「クソ会社」になってしまいます。でも自分でそう言ってしまうということは、3年間を無駄にしてきたということになります。そう考えると断定的なことも言えません。

結局何が言いたいのかといえば、あの会社で働いたことも、辞めていったことにも悔いは一切ないということです。嬉しいことも嫌なこともやってみなければ分からないことだらけでした。大事なことは学んできたことに対して、自分なりに意味を持たせるということです。

働いて得たものは経験、人間関係、お金、その他諸々たくさんあります。それがいいことか悪いことかは全部気持ち次第。であれば僕はこの3年間をすごく良かったと思うことにします。働くことは素晴らしい、今でこそそう思えます。

つらつらと書き続けてしまいましたが、やりたいことはすぐやる。そしてそこに意味を持たせるのは自分自身。それさえ分かった僕はこれから成すこと全て上手くいくに決まってます。未来は不安もありますが、きっと楽しいです。

そう思う限り、そうなります。