走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

5年先の未来は見ない、しかし一日のスケジュールは完璧にしとけ

ブログ

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20150926115244j:plain

目の前のことに全力を尽くす。

 

5年先なんて見えないからさ、一日を精一杯生き抜けよ


久しぶりに風邪をひきました。一昨日の夜から鼻水が止まらず、昨日は頭もぼーっとしてだるかったです。10kmランはぎりぎり達成、セーフ。

最近ようやく重い腰を上げて就職活動を行っております(9月21日からニー⚪︎)。必ず出てくる志望動機にかなり悪戦苦闘したり。僕としては、もうとにかく入れてくれ、入れてくれたら頑張るからさと言いたくなります。ダメ人間です、はい。きちんとそれっぽいこと書いて応募しております。
志望動機を書いていて、前職で書いていた自己申告書を思い出しました。毎回決まって「5年後どうなっているか」みたいな項目があるんですよ。あれってぶっちゃけ分からんよな、と。今の常識が5年後には非常識になっている時代です。今までのスピードで世の中は動いていません。常に加速しています。そんな中、5年後なんて分からなくて当然だと思うんですよ。予測できたほうがすごいですよって。
会社では目が死んでいて、アフターファイブでは生き返るといったサラリーマンが多いと聞きます。彼らに5年先の未来が見えるとは到底思えないのです。だってその日1日も生きれていないんだもの。1日を大切に生きるということは1日を楽しんで生きること。その積み重ねでしか、未来は出来上がりません。かくいう僕も死んだ目をして働いていましたが。
退職し、有給休暇を経て今「働く」ことの意味を考えています。いろいろ考え尽くした結果、分からなくなりました(笑)。行動しなければ結果が見えないので、動かなければ分からないのです。働かなければ働く意味が分からないのだと感じています。分からないことは全部やって確かめる、それが正しい。

一日のスケジュールを立てるススメ

話は変わるようで変わらないのですが、数年先の未来を予想するより、一日をどう生きるかに考えをシフトしたほうがいいです。素晴らしい一日を過ごし、積み重ねることこそ幸せへの第一歩。ホリエモンのゼロを読んで、僕はそう感じました。
考えない一日は余裕もないし、退屈な日だってあります。全力で生きることを目指せばそんなことが一切なくなります。
ちなみに僕は今日、全然考えていないせいで、いろんなことに追い詰められています。寝坊し、急いで10kmランを終え、夜の飲み会のためのホテルへのチェックインも遅れ、飲み会前に急いでブログを執筆しています。どれもスケジュール管理不足が原因です。
余裕がない時間を過ごしていると、周りのいいことにも気づかない場合が多分にあります。余裕ある毎日を意識しましょう。ホテルのチェックインが済んでちょっと余裕が出た僕は、フロント対応の感じの良さに気づいてちょっと嬉しくなりました。

さっ、飲み会も楽しんでいこう!