走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

SNSは他人の情報をチェックするものではなく、情報発信のツールとして使った方が10倍人生が楽しくなる。

ブログ

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20150914203316j:plain

 

他人の生活を羨んでいる暇は僕らにはない。

 

SNSとうまく付き合えない人は10倍人生を損する。

こんばんは。とり。です。

稲花粉というものが存在するかわかりませんが、最近すごく目がかゆいです。

朝起きると目の周りが腫れて痛いです。

痒くて寝ているときに無意識にかいてしまっているのでしょう。

しかも朝方ランニングすると汗で目の周りがさらに沁みます。

新潟の田舎道は僕の体に合っていないのかも知れません(24年間在住)。

 

さて今回はSNSについて。

僕は以前までツイッターフェイスブックミクシィ、インスタグラムのアカウントを所持していました。

他にもタンブラー、グリー、モバゲーもやっていましたがアカウントを忘れてしましました。

今ではミクシィ、インスタグラムのみアカウントを残し、他は全て削除しました。

削除の理由は「時間を取られるから」です。

 

他人の生活が常にタイムラインで流れてくるSNSは更新をすれば、大抵誰かの生活情報がタイムラインで上がってきます。

特に気になるわけでもないのに、空いた時間でついつい見てしまうのがSNS最大の誘惑だと思ってます。

4つのアカウントを持っていた僕は4つすべての更新状況を常に気にして生活をしていました。

 

朝起きたらチェック。

トイレの時間にチェック。

赤信号でチェック。

帰宅したら車の中でチェック。

寝る前にチェック。

 

一日の空いた時間はほぼSNSに費やしてしまったといっても過言ではありません。

僕の余暇はSNSに吸い取られていました。

 

SNSは一気にやめてしまっても問題なし

思い切ってツイッターフェイスブックをやめてから数ヶ月経ちましたが、生活に支障は一切ありません。

やめる前は、「連絡が取れなくなったらどうしよう」とか「コミュニケーションの場がなくなる」と思ってたのですが、メールと携帯電話の番号さえあれば問題なし。もしくはラインIDさえあれば不自由ありません。(ラインはSNSですか?)

開き直って、SNSをやめて連絡がつかなくなるようなら、そんな人間関係は捨ててしまった方がいいです。

 

今までやめれなかった人は思い切ってアカウントを削除してみることをおすすめします。

何事も思い切りが大事です。

時間が経つにつれて何故か心がすっきりするのを実感するはず。

そして自分の時間が増えることにとても充実感を得られるようになります。

 

なぜ僕がインスタグラムとミクシィを残したかというと、この二つはチェックするのに時間がかからないからです。

インスタグラムは写真がメインのSNSです。

写真を見ればそれでチェックおしまい。

これがフェイスブックツイッターであれば情報量が一気に増えます。

画像+文章を読まなければいけない、かつリツイートなどの機能で余計な情報もバンバン目に入ってきます。

(それがまた目を引く情報で)リンクを飛んでは内容チェック、そのエンドレスで時間を搾取されていきます。

 

例えるならばポテトチップスとコーラのようなものです。

とても美味しいけれど栄養にはなりません。むしろ害になる可能性の方が高いのです。

 

ミクシィの存続理由ですが、単純にSNSとしてオワコンだからです。

更新している友達がほぼいません。

ですが、たまにコミュニティで参加するのにミクシィIDが必要なのでそのまま残してあります。

 

SNSは情報"収集"のツールではなく、情報"発信"のツールとして使う

そんなSNSのデメリットはさておき、情報発信力が高いところが最大のメリットかなと思います。

自分の情報を発信する分にはSNSはとても効果的です。

コミュニケーションの場として正しく使えるのであれば、ツイッターフェイスブックもまた始めようかなとも思ってます。

 

ブログを通して自分の考えに共感してくれる人、また批評をくれる人を求めているのと同様に、

SNSにもそういった発信力があると思いますし、ブログよりも手軽さがあることがSNSの優れているところです。

少々他の情報に目移りして時間を取られてしまう可能性が高いのがSNSの欠点ですが、そこをうまく付き合っていけたのなら、情報発信に最適なツールとなり得るはず。

SNSは自己管理さえできればとても魅力的なツールだと思います。

他人の情報ばかりに気を取られずに、自分の考えをどんどん発信していくツールとして、うまくSNSと付き合っていきたいですね。