走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

今日から3ヶ月「本を読む」を継続します。

読書 読書-読書まとめ

広告

オススメ記事MIIDASで自分の年収を調べたら転職したくなった

実録・1年3650km走るとどうなる。毎日10kmランを1年続けてみた。

0か100でしか生きられない。ミニマリズム思考を考える

f:id:tobutori00:20150913204404j:plain

 

本の虫になります。

 

 

宣誓!今日から読書家になって人生をイキイキするぞ!

こんばんは。とり。です。

ブログ更新2日目も張り切って書いていきたいと思います。

さっそく”継続”第二弾です。

 

今日から3ヶ月間僕は本を毎日読みます。

 

【身に付けたい習慣】

毎日本を最低10分は読む。

 

【身に付けたい力】

読解力をつける。

知識を身につける。

お金に強くなる。

 

【継続期間】

2015年9月13日~2015年12月15日

 

なぜ本を読む習慣をつけようと思ったのか。

本は人生を豊かにする、本を読むことで知識を得る。

いろんな人から聞きますし、そういったことは本にも書いてあります。

本を読むべきだという意見を持つ人は多いと思います。

しかし、毎日忙しい、時間が取れないとどこかで言い訳をしてしまって、

本を読むという習慣から離れてしまっている人が多いのも確かですよね。

僕も例外ではありません。

 

読書量が多い・少ないは人と話すことでわかる気がします。

本を読んでるなという人は落ち着いて会話ができる人。

話すことも聞くことも上手な人が多いという印象を受けます。

そして話す内容がわかりやすい。

本を読んでいないなという人はその全ての逆を行く人ですかね。

 

まぁ本を読むから話し上手とか頭が良いというわけではありませんが、

本を読むことで教養のある人間になりたいと思っています。

 

どんな本を読んでいくのか。

身に付けたい力の一つに、「お金に強くなる」と書きました。

僕がいま気になっている本のジャンルは、いかにお金を稼ぐか・貯めるかということです。

経済的自己啓発本といっても間違いないかもしれません。

 

なぜこのジャンルに的を絞っているのかというと

この年になっても未だにお金の知識が学生レベルだということに焦りを感じているからです。

いままで年金問題や日本の経済にことごとく無関心に生きてきました。

考えることといえばせいぜい自分の使うお金や月々のわずかばかりの貯金額についてです。

 

テレビやネットで拾い食いしたような情報の中で、漠然とした不安を抱えて日々を過ごしてきました。

そういった不安を払拭するかのように、いつしかお金を稼ぐになるにはどうしたらいいのか?

という方法を調べるようになりました。

 

インターネットで「お金 稼ぐ」、「お金持ち 習慣」「節約 生活」などですね。

スマホでひたすら検索をかけていくわけです。

そうすると、簡単に稼げる⚪︎⚪︎の方法とか、初心者でも簡単に儲けられる方法などがわんさか出てきます。

出てきますが...予想通りといいますか、現状稼げていません。

典型的に情報を読んで満足しているだけの人間で留まっています。

 

本気で力を身に付けたいと思ったときこそ、情報を絞り込んで調べたときにはネットは非常に有効かと思いますが、ネットで検索するだけでは、力にならんと感じました。

またネットならではの誘惑も多いですし(無駄にネットサーフィンをしてしまう)、確実な情報かと疑ってしまう

ものばかりです。

 

僕はこれから本を読んで、身になるための知識と力を身に付けます。

 

ちなみにいま読み進めている本

お金が貯まる人が捨てた37のこと

という本を書店で見つけていま読んでいます。

お金を貯めるための基本的な習慣について書かれています。

初歩的ではありますが、読みやすい本だと思います。

こういった感想も交えながら更新していきます。

 

お金が貯まる人が捨てた37のこと

お金が貯まる人が捨てた37のこと