走るとりドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走るとりドットコム

ブログ改変中!主に本・映画・ランニングのことを綴っていきます。

本を読むたび、ひとりじゃないんだと感じる

読書

f:id:tobutori00:20161203133905j:plain

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

ランニングという習慣が膝の負傷により絶たれてから早1ヶ月以上が経過したいまでも、走ると痛みで小枝が折れてしまいそうな感覚に襲われるため、自宅療養を余儀なくされております。試しに10km走ってみたら、左膝に強烈な痛みが走り「やばいやばいやばいやばいまじやばい」と、もうやばいんかったんです。実家のお母さんに電話しそうになるくらい痛かった。

 

走る以外で日常生活に支障はないので、膝に負荷をかけないかぎりはまったくの健康体。体は走りたがってるんだけど、膝が「俺、無理っぽいわ」と悲鳴をあげるので、あともう1ヶ月は様子見をするべきとのこと。あ、医者には行ってないので、完全感覚ですが。

 

一日10km走っていた体力、一回あたり600kcal分の熱量をどこに当てているのかというと、ずばり読書です。何をするにも(仕事以外では)体力が有り余っているので、すべて活字を読むことに意識を向けてます。

 

我が家ではすでにこたつを出しているので、その中でぬくぬくと本を読む機会が増えました。尻にはニトリで買った骨盤矯正クッションを敷いて、ひたすらに文字を追い続けます。

 

起床時間はいつも朝5時〜6時のあいだ。1LDKの寝室の隣の部屋にわざとスマホを置いてアラームをセットしています。なので朝は必ずベットから抜け出さないとアラームを止められない仕組みです。一緒に寝ている妻にはいつも悪いなと思い、朝方アラームを止めに行くのですが、その罪悪感もあってか起きられないということがまずありません。罪悪感さまさまです。

 

新潟の朝は寒いので、アラームを止めた後はすぐにこたつのスイッチを入れ、暖をとります。そして起きた直後はやっぱり眠いので、こたつを暖めつつ横になります。頭には骨盤矯正クッションを。頭蓋骨を矯正する機能は持ち合わせていないのを知りつつ、尻に敷くものを頭に敷く勇気。

 

その状態から本を手に取り寝ながら本を読みます。

これが最近の僕の読書スタイル。

 

朝に強いかと言われれば、夜よりも強いけれど、でもそれは二つのうちのどちらかを取れと言われれば「朝だ」となるだけであって、朝も夜も弱いです。早く起きても眠いし、早く寝ても眠い。ベットが充電プラグだとしたら、射出されてからの活動限界は、エヴァかウルトラマンのように短めの設定がされています。特に街の平和を守るわけでもなく、自分のために動き、自分のために眠りにつきます。

 

こたつで寝ながら、1時間ぐらい本を読んで、朝の支度を始めます。

 

そのあと、休みの日であればタリーズコーヒーに行きます。ここでもやはり本を読む。2〜4時間ぐらいぶっ続けで本を読みます。店員さんも「2杯目注文しろよ」と思っているかもしれないけど、もうちょっとだけ...と心の中で叫びながら本を読む、コスパの悪い客が僕です。すみません。

トイレに行くことも我慢して、延々とページをめくり続ける。読み終わった後、満足しそそくさと用を足しに向かう。ホースから勢いよく出る水の量が、いかに読書に時間を費やしたかを物語ります。えらく長い時間読んでいたもんだぁ。

 

数時間、本を読み続けると次第に脳みそが覚醒するらしく、自分の思考がどんどん文章で溢れてきます。そして思い立ったことをブログに書く、みたいな感じです。

 

 

 

友達とも遊ばず、酒も飲まず、タバコもギャンブルもしない。

人には何をして生きてるのとか、ストレス解消はないのとか言われたりしますが(ほっといてくれ!)、いまは本とブログがあればそれでいいです。字を読むのも書くのも、得意不得意はさておき、好きです。

 

 

会社の飲み会で周囲とのノリがまったく合わず、本当に退屈で退屈でただただ作り笑顔をして、憂鬱な気分で帰宅し、ノリの悪い自分に腹が立つのか悲しくなるのか、これがコミュニケーション能力が不足しているということなのか、ぐっちゃぐちゃになってよくわからないまま就寝したあの夜。

本を読んで救われることは、周りと違ってもいい。そんな安心感をもらえることでした。暗かった気分を吹き飛ばしてくれるような、痛快な文章を読むたびに、「凹む必要はない」「あえて周りのノリに合わせない強さ」なども学ぶことができました。

 

究極的に言えば本を読むたび、「ひとりじゃない」って感じることができるんです。

 

いま、本当に本を読むことが好きだと言えるのは、友達や会社の人たちとの会話からでは得られない知識や経験を本から学ぶことができるから。それがものすごく楽しくて、どっぷりハマって、腰のあたりまで本の沼に浸かっている感じです。その沼もぬるくてちょうどいい温かさで、一度浸かったら頭まで浸かってしまいそうです。

 

本を読むことで他人が知り得ない体験をすることができる。その結果、他人とは違う自分が何者かになれるのではないか。魔法のようなことが、本を読むことで起きるのではないか。

 

今日もタリーズで星野源さんの『蘇える変態』『働く男』を読んできた。最高に笑わせてもらったし、思いっきり泣いた。もちろん心の中で。

モヤモヤしてた気持ちはどこぞへと、やっぱり本を読むっていいよなぁ。

 

それではまた!

 

 

【現役アナウンサーから学ぶ、コミュ障脱出法】『なぜ、この人と話をすると楽になるのか 』感想

読書 読書-2016年に読んだ本 読書-吉田尚記 読書-ビジネス・経済

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

自称人見知り、コミュ障で通っています。人と関わりを持つことがあまり得意な方ではないという自覚があります。職場で同僚と休憩時間が一緒になってしまったときは、心の平穏を保つのに必死になるため、あまり休憩になりません。

あーコミュニケーション能力ほしいなーと思い、手に取った本がこちら。『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』。イラストがポップでええ。

 

 

 

続きを読む

【緩募】年間100冊ペースで本を読む「僕に」おすすめの本を紹介して欲しい。

読書

f:id:tobutori00:20161129063715j:plain

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

11月も終わりに近づき、今年も残すところあと1ヶ月となりました。

今年はかなり本を読んだ年になりまして、人生で一番といっていいほど大量の本を読み漁りました。

11月に読んだ冊数は15冊。そのうちレビューを書いたのが13冊ですね。レビューもガンガン更新中。

 

今後も引き続き本を読んでいこうと思ってはいるのですが、最近の悩みごとがこちら。

続きを読む

365日走り続けた僕がランニングの魅力を全力で伝えたい

ランニング

f:id:tobutori00:20161128043630j:plain

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

今回は僕が毎日走り続けたきっかけと、走り続けるとこんなメリットがあるよーってことをまとめてみました。いま現在は絶賛左膝の療養中でランニングはしばらくおやすみの状態なので、当時を振り返り「あの頃はああだった」なんてことをつらつらと書いていきます。

続きを読む

【あなたが食べてるの、それ毒肉ですよ?】『医者が教える あなたを殺す食事 生かす食事』感想

読書 読書-2016年に読んだ本 読書-暮らし・健康・子育て 読書-内海聡

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

みなさん、お菓子は好きですか?僕は大好きです。そして同時に食べることをやめたいとも思っています。だって体に悪いことは分かっているのだから。それでも食べてしまうのはやっぱり美味しいと「錯覚」してしまっているからに他なりません。

その「錯覚」を打ち砕くべく手に取った本が『医者が教える あなたを殺す食事 生かす食事』

 

 

 

内容紹介

■日本一有名な医師が、日々の食事を大公開!
添加物、農薬、放射能……「社会毒」はどこまで減らせる!?

日本一有名な医師、内海聡氏を知っていますか?

フェイスブックのフォロワー数が約10万人、
今最も、その一挙手一投足に注目が集まっている人物です。

内海氏の発言は実に過激。医師でありながら、

「病院には行かなくていい」
「薬は飲むものじゃない」
「医者は信用ならない」

など、その舌鋒の鋭さで常時話題を振りまき、
ファンもアンチも内海氏から目が離せない状態です。

ホームグラウンドの医療についてだけでなく、
食、原発、政治、哲学など、多岐にわたって自説を発信。

とくに食については、医師としての見地から、
かなり厳格なポリシーがあることがうかがい知れます。

一度でも内海氏を知ると、気になってしまうのは、

「じゃあ、そういう本人は何を食べているの?」

ということ。

本書『医者が教える あなたを殺す食事 生かす食事』は、
そんな内海氏が日々の食卓を公開した話題作です。

 

出版社からのコメント

1つでも当てはまる方は、今すぐ本書をお読みください。

□歯磨きをしているのに虫歯がある
□ヘルシーだからと菜食を心がけている
□骨を丈夫にするために牛乳を飲んでいる
□トクホ(特定保健用食品)を買うようにしている
□朝食はしっかり食べる
□肉の食べ過ぎはよくないと思っている
□有機野菜を積極的に購入している
□黒糖は精製されていないから身体にいいと思っている
□野菜不足を補うためにコンビニでサラダを買っている
□体重を気にして、ゼロカロリー飲料を飲んでいる

 

□朝食はしっかり食べる←これ当てはまらないやつほとんどいないだろ!当てはまったら即読むべし!

著者について

内海聡(うつみさとる)
1974年、兵庫県生まれ。筑波大学医学部卒業後、内科医として東京女子医科大学附属東洋医学研究所、
東京警察病院などに勤務。牛久愛和総合病院内科・漢方科勤務を経て、牛久東洋医学クリニックを開業。
2014年現在、断薬を主軸としたTokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長を兼任。
精神医療の現場に携ったことから、「病を悪化させる精神科医療」の現実に気づくとともに、医原病の存在を突き止め、
その全貌を明らかにした『精神科は今日も、やりたい放題』(三五館)はベストセラーとなり、一躍注目を集めるように。
現在は、ヒット作『99%の人が知らないこの世界の秘密』(イースト・プレス)、『1日3食をやめなさい!』(あさ出版)など、
精力的に執筆活動を行うだけでなく、フェイスブックのフォロワー数は約10万人、
医学にとどまらず、食、原発、政治、哲学など多岐にわたり自身の考えを発信。本質を突いた発言で多くの支持を得ている。
また、熱心な支持者の要望に応えるように、全国各地で講演活動を行い、蒙昧な日本人の眼を啓いている。

 

基準は子どもに食べさせていいものかどうか

自分のこととなると、つい「これぐらい食べてもいいかー」なんて考えてしまいますが、これが自分の子どもだと話が変わってきますね。子どもがポテチやチョコばっかり食べていることを良しとする親はちょっとどうかと思います。

 

子どもに肉屋魚が好物である子が多いのは、ある意味必然。タンパク質などの栄養素を欲しているからであって、野菜であっても好き嫌いが子どもに出やすいのもまた、当然のことなのです。

我が家ではほとんど間食をさせる習慣がありませんが、それでも時々、どうしてもお腹が空いた時などは、スルメや酢昆布、小魚などの乾きもの、ナッツ、炒り玄米、無農薬の果物などを食べさせています。

 

子どもに、お菓子には悪い成分が入っていることをしっかり説明する。食べてはいけない理由を知れば、自然と子どもは分かってくれます。

小さい頃から間食の習慣をつけさせないのが一番ベスト。それは大人になっても一緒ですね。

 

いったい何を食べればいいの?

進んで食べていいものは以下の3つです。

①季節に合ったものを食べること

②日本の風土に合ったものを食べる

③食べ物を丸ごと食べる

です。

 

①季節に合ったものを食べること

「滋味豊かな旬の料理」などという表現がありますが、滋味とは栄養豊富でおいしいという意味です。旬の季節に育った作物こそ栄養価が高いのです。

東洋医学の観点からいっても、季節に合ったものを摂ることは自然の摂理に沿ったことになるのです。

 

旬ではない食材がスーパーで売られていたら、ちょっと想像してみましょう。季節が違うのになぜ出荷できているのか、どういう環境で育ったのか。時期ではない食材は何かしら「人間の手」が加えられている可能性大。

  

②日本の風土に合ったものを食べる

これは「身土不二」に基づいた考えで、「身(体)」と「土(土地)」は不二(切り離せない関係)という意味です。

 

後述されていますが、輸入品には注意しましょう。

日本人は日本人に合った食材があります。

 

③食べ物を丸ごと食べる

東洋医学の思想で、たとえば魚なら頭から尻尾まで、いもやにんじんは皮つき葉付きのままで、米は玄米で食べようという考え方です。

丸ごと食べる良さは、たとえば穀類や根菜類などは糖質が高いですが、丸ごと食べることによって食物繊維も摂り、その食物繊維が糖質の吸収を緩やかにし、体に適した間接糖のかたちで取り入れることができます。

 

小学生の頃、エビフライの尻尾まで食べるタイプでしたが、友達は残す人がほとんどでした。誰に習ってでもなく、魚は尻尾まで食べるのが我が家の基本でした。その習慣がまさか健康にいいだなんて。

  

外食は「何を食べる」ではなく「何を食べないか」 

外出先で絶対に食べてはいけないものは「砂糖が入ったもの」「甘いお菓子類」「乳製品」「アメリカ小麦」「アメリカ牛」「ブラジル鶏」「外国産とうもろこし」「質の悪い油」です。

 

ポテトフライ、オニオンリングなんかは絶対に食べてはいけないよ〜、とうたっています。体に悪いものしか入ってないよって。

逆に食べてもいいのは魚の刺身、馬刺し、カルパッチョ、サラダ、漬物など生ものと発酵食品、旬のものなどです。

あんまり気を使いすぎるのも良くないけれど、「これは絶対食べてはいけない!」と心に決めておけば、自然と口にする食事も変わってきますね。

とりあえずドリンクバーでジュースをがぶがぶ飲むのはやめよう...。

 

特に食べてはいけない「肉」

「ブラジル産」は現地人も食べない代物

ブラジル産の肉は、実は大量の抗生物質と成長ホルモン剤を投与することで大量生産・早期出荷を可能にした代物なのです。「毒肉」といっていいほどの肉を生産しているアメリカでさえも、ブラジル産の鶏肉は2000年はじめに輸入を停止しています。それで困り果てたブラジルが目をつけたのが日本だったのです。

 

妻に聞いたら、普通に買ってた、らしいです。僕も全然気にせず食べてたのですが、強烈な文章すぎてややショックです(笑)

スーパーで食材を買うことが一切ない僕なので、産地表記がどういう意味があるのかなんて知りませんでした。 どこの国で育ち、どのように作られた肉なのか。最低限の知識を持つことは必要ですね。

 

「ミネラルウォーターvs水道水」はどっちもどっち 

ミネラルウォーターのヒ素含有基準は、水道水に比べて5倍も緩い基準になっているのです。しかも、基準が緩いだけでなく、横浜市の調査では、国内で売られているミネラルウォーターの一部で、いずれも発ガン性のある「ホルムアルデヒド」や「アセトアルデヒド」が水道水の80倍の濃度で検出されたという記事もありました(「毎日新聞」2003年4月20日)。

さらに、一部のミネラルウォーターからは乳幼児の成育に影響を与える「硝酸生窒素」も検出されています。

 

いつも飲んでいた「いろはす」「南アルプスの天然水」も体に悪影響だと!?

もう何も信じられない...。

 

結局は...

「あれが安全、これは安全じゃない」などと日本人は言いますが、この世界に安全なものなんて存在しないのです。

重要なのは、その食品や資源となるものの背景を知ることであり、それは社会全体を変えることでも、毒物を完全に除去することが難しいのなら、毒を出せる体をつくっていくことにほかなりません。 

 

体に悪いと分かっていてもつい手が出てしまうあんな料理やこんな料理。気を使って食べないストレスとうまく付き合っていくのは難しい。だけどデメリットを知りつつ、あえて食べてしまうというのも大切なこと。

安全なものが存在しないのであれば、栄養として吸収した後、運動などでデトックスしてしっかり体のケアをしましょう。

食べない選択肢もありますが、食べた後どうケアするかという選択肢もあるんです。

 

初心者はまずどこから手を出したらいい?

まず着手しやすく、かつ日々の食への影響も大きいのが「調味料」ですから、まずは調味料を変えることをお勧めしました。

その次に変えるとしたら、私は肉をお勧めします。「野菜じゃないの?」と思った人は多いかもしれませんね。調味料→肉→野菜と、野菜は最後でいいと私は考えています。

なぜなら、野菜に比べて肉や魚は、様々な物質を食物連鎖を経て生物の体内に蓄積していく「生物濃縮」が高い食材だからなのです。

 

調味料をまず変えることから始めましょう。調味料もスーパーで見ると値段の差がけっこうありますが、その差は使用されている材料によってマチマチ。(僕にとっては)全部同じに見えてしまう調味料ですが、体にイイものはやはり違うようです。

そして肉、野菜の順番で食事の質を改善すること。

 

外食で気をつけることはとにかく○○には行かないこと

家族で外食する際に心がけていることは、まず大手チェーン店には行かないこと。こだわりを持った個人店や、多店舗展開していても2、3店舗の店を選ぶようにしています。

なぜなら、「大量仕入れで大量生産」のシステムでは決して安全でおいしいものはつくれないからです。ジャンクフードのチェーン店はもちろんのこと、居酒屋でもレストランでもチェーンは同じです。

危険な食材を使って、それをおいしいと感じさせるために大量の食品添加物をしようするまやかしによっておいしいと感じさせられるのです。

 

ガ○トとかしょっちゅう行きますけどね。やっぱりチェーン店は良くないらしい。具体的に何がどうとか書かれていないので、全てのチェーンをダメ、ゼッタイ!とは言えないだろうけど...添加物はやっぱり多いみたいですね。

 

自分なりのやり方を見つけよう

ですから私自身は、基本的に食をはじめとした社会毒に関しては、「最善を尽くす」のではなく、「最悪を排除する」という考え方をしています。

「最高でも2食しか食べない」や「砂糖類は絶対に使わない」、「外食先ではアメリカ牛とブラジル鶏と乳製品、甘いものは注文しない」「揚げ物ばかり食べない」「チェーン店に入らない」「炭水化物ばかり摂らない」といったことは、すぐにでもできること。健康を手にいれるために、何かを新たに購入するよりも、こういった最悪を排除するという考え方のほうが、圧倒的にやりやすいからなのです。

 

今すぐできることといえば、

・お菓子を食べない

・ジュースを飲まない

・ご飯を食べすぎない

ことですね。最低でも3週間は続けたいと思います。 

 

食を見直すことは、生き方を見直すこと

もはや疑ってしまえば、市場に出回るほとんどの食品が食べれなくなってしまうんではないかと思います。しかし著者はそれほど神経質にならなくてもいいと言います。時に悪成分を度外視して、好きなものを食べて見るのも、食の楽しさであると。

 

今まで惰性でお菓子を食べてきた僕にとって、この本はまさに革命の一冊となりました。体質改善はじめよう。

 

それではまた!

【不倫する人のキモチがわかる本】『ミルキー』感想

読書 読書-2016年に読んだ本 読書-文芸作品 読書-林真理子

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

今年の流行語の候補に「センテンススプリング」が挙がっているそうで、2016年のホットキーワードはずばり「不倫」だと踏んでいます。ドラマや映画、バラエティを見ていても、不倫を題材にしたものがとにかく多かった。

友人にも不倫をしている、と公言しているほどに(個人的にやめておけと強く説いたがダメでした)身近にもそういった関係を持つ人は多いんだなと感じています。もはや不倫は文化、ではなくファッションになっているのかもしれません。

今回読んだ本も、林真理子先生の作品で、タイトルは『ミルキー』。ドロッドロの不倫劇のはじまりはじまり。

 

続きを読む

【平成生まれの男が昭和に生きた女をどう見るか】『本を読む女』感想

読書 読書-文芸作品 読書-林真理子 読書-2016年に読んだ本

どーも、走るとり(@hashirutori00)です。

絶賛、純文学を読み漁っています。そこで一番お世話になるのがブック○フ。108円(税込)で名作が読めるなんて、素晴らしいじゃないか。

本の選び方は、正直かなりてきとうに選んでいて、主にタイトル買い。今回購入したのはこちら『本を読む女』

主人公は本を読む美少女、ボーイミーツガール的ストーリーだとばかり思って手に取ったのですが...重たくのしかかるようなテーマで衝撃を受けました。

以下感想!

 

 

内容紹介

万亀は本を読むのが好きなだけの平凡な女の子。しかし突然の父の死と戦争の始まりによって、彼女の人生は否応なく時代の流れに巻き込まれてしまう。進学、就職、結婚という人生の岐路において、常に夢や希望を現実に押しつぶされつつも、読書を心の支えに懸命に自分の人生を生き抜いた万亀。著者自身の母親をモデルに、一人の文学少女の半生と昭和という時代を描いた力作長編小説。

 

著者について

1954(昭和29)年、山梨県に生まれる。日本大学芸術学部を卒業後、コピーライターとして活躍。82年のエッセイ集「ルンルンを買っておうちに帰ろ う」がベストセラーとなる。86年「最終便に間に合えば」「京都まで」で第94回直木賞を受賞。95年「白蓮れんれん」で第8回柴田錬三郎賞、98年「みんなの秘密」で第32回吉川英治文学賞を受賞(「BOOK著者紹介情報」より

 

平成生まれが昭和を読み解く

戦争には全く疎い僕です。映画もドラマも「戦争」がつくタイトルはほとんど観ることを避けてきました。邦画・洋画問わず、観る前から絶対に重たくて悲しいテーマだってことは分かっているし、その結末に向かって物語を進めるのも嫌だ!って感じで今まで避けてきました。だから戦争の知識もないし、物語の時代(昭和)の人たちがどのようにして生きたのかも知りません。学生のときに勉強した日本史の「だいたいこんな感じだったかな」ぐらいの知識しかないんですね。

なので、今回この本を読み終わるのにはだいぶ時間がかかりました(笑)

 

----------

 

ひとりの女性の壮絶な人生を描いた作品。なんと著者の林真理子さんの母親の実話を元に描かれた作品なんです。よりリアルに当時のことが伝わってくるようで、読んでいてドキドキしました。

今まで現代の女性を描いた作品はいくつか読んだことはあるのですが、昭和の、戦争を生き抜いた女性の話を読んだのはこれが初めてでした。

 

しかし、母親の人生を知れば、こうした小説が書けるというものではない。

母親の生きざまへの想像力、昭和という時代への洞察力がなければ、決して書けない。戦前の風俗についての資料も、ずいぶん読まれたことだろう。

 

あとがきにもこうあるように、自身の母親のエピソードをより細かく書くということは並大抵の洞察力では書けませんよね。

 

理不尽な時代に耐えた女性

平成生まれの、しかも男性には到底理解できるはずもない理不尽の連続に耐え、昭和を生き抜いた女性はやはり強かった。

今でこその男女平等。昔はそのようなことがあるはずもなく、「女性はこうであるべきだ!」の風潮は非常に濃く描写されていました。

「昭和」という年号を度外視しても、女性は強い。守るべきものがある女性はなおのことそう。

 

時代に流され、自分の思うように生きれないもどかしさ。

それでも強く生きる姿に、僕も身が引き締まる思いで読み進めました。

 

 

 

純文学を読んだ後は、まるでひとつの映画を観終わったときの感覚に似ています。

文章を読み、頭の中でイメージを膨らませてひとつの映画を再生しているような気分。

だから読み終わった後は、頭が疲れます。映画と違って、文字で情景を浮かべるので右脳を使って考えながら読まないと、映像と文字がうまくついてこない。 でもそれが面白かったりもするんだなー!

より純文学にのめり込めそうな秋の夜長なのでした。

 

まとめ

テレビなどでよく聞く、まさに「激動の時代」を描いた作品でした。どうしても主人公と自分の生まれた時代を比べながら読んでしまいました。

自分が生まれた時代はものすごい甘いんだな、とは思いません。生まれた時代それぞれに幸福や苦労の基準は違ってくるものだから。ですが、仕事や食べ物、お金に困らない今の時代に生まれてきたことへの感謝は忘れたくはないですね。

 

個人的には極度の方向音痴のため、ナビが使えるスマホのある時代に生まれてこれたことは非常に幸運だったともいえるでしょう(笑)

これが仮に昭和だったとしたら...道に迷って簡単なおつかいもままならず、電車の乗り換えもうまくいかず、鬱々とした日々を過ごしたに違いない、うん。

 

 

女性の強さとこの時代に生まれてこれた幸せに気づけた作品でした。

 

それではまた!